イタリアから人が消える日

皆様ご無沙汰しております。
現在は夏休みということで、
店長さんは日本に帰国しております。


イタリアの夏休みはご想像の通り長いです。
例えばうちのお店の夏休みは3週間です。
日本では考えられませんがイタリアではこれが当たり前。
路面店、飲食店、専門職等々、皆さん8月に3週間程度の夏期休暇を取り、
むしろこの夏休みの為に1年間働いていると言っても過言ではありません。
当方日本の企業ですので、できれば8月も営業したいのですが、
イタリアの雇用法では従業員を連続して21日間休ませなければならず、
周囲の路面店もこの法律に従って夏季閉店してしまいますので、
当店の長めの夏休みも致し方ない訳です。
ご理解下さい。(謎
というわけで夏季EUはゴーストタウンなのはご理解頂けたかと思いますが、
8月以外にもイタリアから人が消えてしまう日が存在します。
昨年7月、とある月曜日のお話です。
午前10時15分頃、出勤中の店長。
そこに1人のアメリカ人らしき観光客のお姉さん。
大変怪訝なお顔をしておりました。
US:『Excuse me.』
   (すいません。)
店:『Yes.』
   (はい。)
US:『Why all shops close? Coz’ of terror in Britain?
   What’s happened here?』
   (なぜ全てのお店が閉まっているのですか?イギリスのテロの影響!?
    一体この地では何が起きているの!?)
                *イギリスでテロがあった直後でした
店:『…..No……coz’ Monday morning…….that’s only why…….』
   (えぇっと・・・・・月曜の朝なんで・・・・・単純にそれだけのことです・・・・・・。)
US:『W,what?・・・・Really?』
   (えぇ!?・・・・本当!?)
店:『……..yes…….from afternoon they will open…….maybe…』
   (・・・・・・は、はい。多分午後からは開くと思いますよ・・・・多分。)
US:『Unbelievable…………..anyway, thanks a lot.』
   (信じられないわ・・・・・・とにかくありがとう。)
店:『U’re welcome.』
   (いえいえ。)

どうやらイタリアの洗礼を受けてしまったようです。

それにしてもテロって!(笑
可哀相に、その後3時位まで行くとこなかったことでしょう。
月曜の朝は、皆さん日曜日の遊び疲れを癒してますからね。
という訳でイタリアの月曜午前は気を付けて下さい。
全店と言っても良いほど店は閉まっています。
アメリカ人からしたらテロかと思う程らしいです。
一応住んでる人間としては少し恥ずかしかったです。
「お前そんなとこに住んでるんのかよ!」
・・・みたいに思われてそうで。(笑
あっ!ちなみにうちの店はやってますよ!

「イタリアから人が消える日」への2件のフィードバック

  1.  こんにちは♪
     10月に ミラノ→コモ→ベニス→トルコ
     に旅行することになり 調べていたら
     ここにたどり着きました(=▽=)
     
     お店など 参考にさせていただこうかと
     思います☆
     
     ブログおもしろいっすね!
     ちょこちょこ読ませていただきま~す。
      

  2. >マイコ様
    イタリア旅行、そろそろでしょうか。
    気をつけて旅をして下さいね。
    もし時間があるようでしたら当店にもお立ち寄り下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です