ワールドスタンダード!?

1週間の執筆量が平均して1万字以上であることが判明致しました。
このブログ、各所への業務メール等々合わせると、
やはりどうしてもそれくらいになってしまいますね。
1ヶ月で4万字強、1年で50万字!?・・・・・・・・・・も書いてるんだ。(涙

転職希望

ということで本日はヘンテコ外人のお客さんシリーズ第783弾。(嘘
最近来店された、イタリア語が若干喋れるドイツ人のお客さんのお話。
              ・
              ・
              ・
              ・
              ・
              ・
              ・

店:『いらっしゃいませ。』

独:『すいません、表のディスプレイの真珠のピアスを見せて下さい。』

店:『はい、少々お待ち下さい。・・・・・・・・・こちらで宜しいですか?』

独:『そうそう、それです。これは日本の真珠ですか?』

店:『そうですね。』

独:『かわいいわね!』

店:『宜しければ鏡もございますので。』

独:『ところでこの真珠はイセの真珠ですか?』

店:『はぁ~!?イセ?稲?家?否?イナバウワー?何?伊勢?あぁ!伊勢!!』

_______________________________________________________

説明しよう。
日本国三重県伊勢市とは、
御木本幸吉が世界で初めて真珠の人工養殖に成功した地、
英虞湾(あごわん)を擁する志摩市の隣町に位置することから、
数多くの真珠業者が本拠地を置くことで有名である・・・・・・・・・業界では
_______________________________________________________

独:『どうしても伊勢の真珠が欲しいんだけど・・・・。』

店:『いやぁ・・・・・伊勢以外にも養殖地は沢山ありますし、
   正直どこから仕入れた真珠かは分り兼ねますが・・・・・・・汗。』

独:『それは困ったわねぇ。伊勢の真珠だったらすぐに買うんだけど・・・。』

店:『しかし産地がどこであっても品質はそんなに変わりませんよ。』

独:『いや、どうしても伊勢じゃなきゃダメなの!』

店:『・・・・・あぁ、えぇ・・弊社の本社も伊勢の業者とは取引があるので、
   伊勢の真珠である可能性も勿論あることはあるんですが・・・・・。』

独:『伊勢のある県の名前は何ていったかしら?』

店:『え!?・・・・・み、三重ですけど。』

独:『あぁそうそう!三重県ね!』

店:『・・・・・。』

独:『三重の小さな島で真珠作ってるんでしょ!?』

店:『い、いえ・・・ですから三重以外にも真珠の養殖地は山ほど・・・・。』

独:『あぁそうなの!?』

店:『そうですね。お客様は日本へ行かれたことがおありですか?』

独:『1回もないわよ。』

店:『し、失礼しました。』

独:『まぁいいわ。伊勢の真珠であることを信じて買うわ。』

店:『は、はい喜んでぇー!』

何者!?

伊勢?三重?志摩半島?何?えぇ?
伊勢神宮?えぇ?鈴鹿?四日市?ぜんそく?何?何なの?
世界的に三重ってそんな有名なの?
知名度山梨と同じくらいじゃないの?
え?何?何なのこのお客さん?
店長がおかしいの?
字書き過ぎておかしくなっちゃったの、店長?

・・・・・・伊勢への尋常ではないこのこだわりよう。
接客中に急性パニック症候群を患うところでしたよ。(笑
一体何を読んだのでしょう!?
姉妹都市かなんかなんでしょうか!?

世界には色んな人がいるもんです。

「ワールドスタンダード!?」への3件のフィードバック

  1. うーんなぜ、三重限定?!
    行ったことないです。笑
    そしてドイツ人から見た三重はそんなにすばらしいのか!!!!
    先日京都へ行ってまいりました。
    京都もいいとこよ?お客様。笑。
    でも真珠はないですが。。
    着々とミラノ行きが近づいています。今のところ、mantovaとravennaへ行きたいと思っているのですが店長さんはいらしたことありますか?

  2. >milano-distanza様
    三重県民の皆様には失礼ですが、
    全47都道府県の中では結構マイナーな方ですよね!?
    空白の日本地図に三重県を埋められない人も多いかと思います。
    接客中に笑いを堪えるのに必死でした。(笑
    mantovaとravennaですが、残念ながら行ったことありません。
    ravennaはモザイクが有名ですよね!?
    是非楽しんで来て下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です