ミラノからベネチアへ行く

全然風邪が治らない店長です、こんばんわ。

ゲホゲホ

 

さて。
本日は風邪を引く前の最近の出来事。
水の都・ベネチアに行って参りましたので、
そのレポート日記でございます。

ベネチアまではユーロスターで2時間半ということで、
まずはミラノ中央駅を9時頃には出発。
ちなみにユーロスター以外の列車だと3時間かかります。
列車内の雰囲気を完全にお伝え出来る写真ではありませんが、
なぜか不気味に笑う店長と共に車内の様子を1枚。

車内.jpg

唇荒れてますね。(笑

ということであっという間にベネチアの表玄関、
Santa Lucia(サンタルチア)駅に到着。

駅から出た瞬間に広がる景観がこちらの2枚。

駅前.jpg 駅前 2.jpg

いきなり素晴らしいです、正直。

さて、サンタルチア駅からは水上バスに乗りまして、

水上バス 1.jpg 水上バス 2.jpg

向かいましたのはサン・マルコ広場。
乗船時間は30~40分程度だったと思いますが、
船が苦手な方には結構辛いかもしれません。
広場までの航路と水上バスからの景観はこちら。

地図.jpg 水上バスから 1.jpg 水上バスから 2.jpg

ちなみに水上バスの停車駅は浮島のようになっていて、
この停車駅もかなり揺れます。(写真忘れました・汗
そう言えば、ここで釣りをしてらっしゃるおじいさんがいまして、
確実にバス利用者の邪魔になっているにも関わらず、
全然おかまいなしで釣りに夢中なあたりがイタリア人らしくて苦笑いです。

海上ということで船内はかなり寒く、
若干テンション下がり気味の店長でしたが、
その後なんとかサン・マルコ広場に到着。

Piazza San Marco.jpg Piazza San Marco 2.jpg Piazza San Marco 3.jpg

この広場はナポレオンをして『世界で最も美しい空間』と言わしめたとかなんとか。
山梨のナポレンこと店長が到着早々少し驚いたのが、(謎
サン・マルコ広場写真の左に映るサン・マルコ寺院。
写真を下に載せますが、寺院装飾の色使いがイタリアらしくないんです。
なんと言うべきか・・・インドのタージマハルを彷彿とさせるような・・・・。
あ、インド行ったことないですけどね。(笑

教会.jpg

ちょっとこの写真じゃ分かりにくいですね。
店長的にちょっとそう感じたので、皆さん行って確かめてみて下さい。
行ったことのある方はコメント欄にご意見お願いします。

さて、ここまでNO FOODでの突貫でしたので、
ようやくここで食事&休憩&甘味TIMEです。
食事をしながらジャズの生演奏を聞き、

Jazz.jpg

最後には耐えられず特大キャラメルパフェをむさぼる!

 パフェ 2.jpg

お値段なんと14ユーロ!(≒2000円
もうこればっかりは致し方ない・・・。
店長は甘いものが大好きなんです・・・・。

あ、それで思い出しましたがベネチアは物価が高いです。
観光で成り立つ都市だからなのか、
例えば水上バスが1時間乗り放題で5ユーロ。
  *ミラノのトラム、バス、地下鉄乗り放題切符は1ユーロ
コーヒーも1杯2~3ユーロくらいはしました。
  *ミラノの普通のバールでコーヒー1杯は0.8ユーロ
出されるものも相応に高級だったりするので、
損をした気分にはなりませんが、
気が付くと財布が寂しかったりはします。(笑
良い物を食べてるのか、
心なしか広場の鳩の艶もミラノより良かった気がします。
なんだかテカテカしてました。(爆

さて別腹が満たされたところで広場の大鐘楼に登ってみました。
ちなみに入場料6ユーロです。(高っ!
しかし鐘楼からの360度パノラマはこれ圧巻。

パノラマ 1.jpg パノラマ 2.jpg パノラマ 3.jpg

パノラマ 4.jpg パノラマ 5.jpg パノラマ 6.jpg

これは6ユーロの価値ありですね。ww

鐘楼を降りてからは日も沈みかけていたので、
とりあえずホテルにチェックイン。
予期せぬ2時間のうたた寝に動揺しつつもとにかく夕食へ。(笑
名物の海産物をむさぼり、食後はティラミスで別腹をしっかり満たし、
その後、夜の散歩を試みるも余りの寒さに早々にホテルへと帰還。
こうして1日目は無事に!?終了。

ベネチアは運河が張り巡らされた裏路地の町。
ということで、2日目は朝から故意に道に迷ってみました。
朝の10時から恐らく3時間以上は歩き続けたと思いますが、
これが全然飽きないんですね。
ベネチア迷宮散策中に出会った景色がこちら。

景色 9.jpg 景色 8.jpg 景色 7.jpg

景色 4.jpg 景色 5.jpg 景色 6.jpg

景色 1.jpg 景色 2.jpg 景色 3.jpg

こんなにも歩くのが楽しい町もそうそうないかもしれません。
途中、スリが多いことでもでも有名なリアルト橋に遭遇。
橋の写真と橋からの景観がこちら。

リアルト橋.jpg リアルト橋 1.jpg リアルト橋 2.jpg

さて!!
さてさて!!
いよいよ皆さんお待ちかねのアレです!!
ベネチアと言ったら・・・のアレですね!!
せっかくベネチアまで来てアレに乗らないのもあれなんで、
当然乗ってきましたよ、ゴンドラ!!
相場は40分で80ユーロだそうで、これを人数で割ることになるんだそうです。
そうそう、店長は1つ勘違いをしていまして、
船頭さんがサンタルチアなどの名曲を歌ってくれるものだと思っていましたが、
なんとカンタンテ(歌唄い)は別に雇わねばならぬようで、
そのお値段40分で実に180ユーロ!!
さすがにそれは高すぎるということで今回は泣く泣く断念。
まぁ船頭のお兄さんがいい人だったんで良しとしましょう。
まずは大運河の景観を10分程堪能し、

大運河 1.jpg 大運河 2.jpg

その後、小運河に突入。

小運河 1.jpg 小運河 2.jpg

途中何台ものゴンドラとすれ違い、

小運河 3.jpg 小運河 4.jpg

モールツァルトが住んでいた家なんかも水上から鑑賞しつつ、

小運河 5.jpg

あっというまの40分が終了。
陸上からとはまた違ったベネチアが楽しめました。
余談ですが、ゴンドラの船頭さんもに『島』があるようで、
乗る場所によって回るルートが違ってくるんだそうです。

ゴンドラを降りた時点で4時。
という訳で今回のベネチア旅行は大満足にてここで終了。
再び水上バスでサンタルチア駅まで戻り、
ミラノへと無事に帰りましたとさ。
ちゃんちゃん。

サンタルチア駅へ向かう水上バスで寝過ごして、滝汗かいたのは内緒です。(笑

「ミラノからベネチアへ行く」への6件のフィードバック

  1. キレイですね、veneziaは。
    行ったことないですが結構近いのですねぇ。
    そしてうわさには聞いていましたが、物価の高さに脱帽です。。。うーん。高い。
    ミラネーゼと結婚して住んだら、遊びに行けないな(お貧乏)。苦笑
    そして、寒いですか?ミラノ。
    お風邪早く治してくださいね!

  2. とりあえずミラノの地下鉄は1ユーロ券は一回きりしか使えないと思うけど。。。
    それにしてもゴンドラ乗るなんてゴージャスだ。
    ちなみに写真ははじめから大きなサイズではのっけれないの?

  3. >milano-distanza様
    いやぁ~本当に物価高くて驚きました。
    あの雰囲気に観光客も財布の紐がゆるんでしまうのでしょうか!?
    しかし1回行ってみる価値は十分にありますよ!
    特にカップルでの旅行はお勧めです。
    ちなみにミラノは少し暖かくなりました。
    まぁそうは言っても冬は冬ですが・・・・・。w

  4. >GIOIA様
    1回きり?
    70分は乗り放題ですよ!?
    メトロは1回しか乗れませんが・・・・・。
    ゴンドラは躊躇いましたがせっかくなので奮発しました。
    頑張りました!w
    あ、写真はあまり大きいとページ構成が少しおかしくなってしまいます。

  5. 初めてコメントします。
    コメント自体、初体験です。
    去年の3月に、初めてイタリアを訪れました。
    その時にベネチアでゴンドラに乗ったのですが、
    ゴンドラを操作する人が歌を歌ってくれました。
    運が良かったのでしょうか??
    専門の人ではなかっただけで、船を操る人でも歌ってくれる??
    初めてのことばかりで、しくみが分からなかった覚えがあります。
    なにせ、イタリア語も話せないけど、英語も話せませんので。。。。。
    年齢もばらばらの4人で行ったので、
    次回は一人でゆったりと旅したいと思いました。
    ローマ、フィレンツェ、ベネチアに行ったので、
    次回は、ミラノにも行ってみたいです。
    イタリア、町の雰囲気がとても好きです。

  6. >Ko様
    人生初コメントありがとうございます。(笑
    ゴンドラの船頭さんが歌ってくれる場合もありますが、
    それは船頭さんのサービスですね。
    本来は専門の人がいて、アコーディオン付きで一緒に乗船してくれるようです。
    店長は陸からたまたまこの歌手の歌を聞くことができましたが、
    それはそれは素晴らしい声量でしたよ。
    でも船頭さんが歌ってくれることってあんまりないようなので、
    結構運が良かったんじゃないでしょうか。
    ミラノにお越しの際は当店にも是非お立ち寄りを~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です