下世話なイタリア語講座 -名詞編-

最近毎日眠くて仕方がない店長です、こんばんわ。

冬眠にでも入るんでしょうか、私!?

そんなこんなで本日も店長日記のお時間ですが、
本日はイタリア語のお勉強です。
ただし、今からイタリア移住を考えている方が、 
語学習得の教材として使える内容ではありませんのであしからず。w

ではさっそく。

イタリア語はラテン語派生言語ですので、
名詞は必ず男性名詞女性名詞の2種類に分類されます。

単語末尾が「O」で終わると男性名詞
A」で終わると女性名詞になります。

名詞の8割は「O」か「A」で終わるので、
分類自体はそれほど難しくもありません。

O」で終わる男性名詞が複数形になると「I」に変化します。
A」で終わる女性名詞が複数形になると「E」に変化します。

*例

UN RAGAZZO 「1人の男の子」 (男性単数)
DUE RAGAZZI 「2人の男の子」 (男性複数)

UNA DOONA 「1人の女性」 (女性単数)
DUE DONNE 「2人の女性」 (女性複数)

勿論例外は山ほどありますが、これが名詞活用の基本形です。
予習は以上です。
ココからが本題。

何処の国の人も各国の『汚い言葉』には興味を抱くものです。
ミラノでも日本語の汚い言葉を良く質問されます。
ある日、うちのイタリア人従業員が犬の糞を踏んで憤慨していました。

従:『まったくミラノは犬の糞が多くて困るわ!』

店:『ホントだね。』

従:『ところで日本語でSTERCOってなんて言うの?』

店:『ウンコだね。もしくはウンチとも言うな。』

従:『へー。じゃあ今日私が踏んだのはウンコだわ。』

店:『は?』

従:『だってそんなにいっぱい踏んでないもの。』

・・・・・・・・・・ああ!なるほど!それは天才的発想だ!

「下世話なイタリア語講座 -名詞編-」への2件のフィードバック

  1. >yoco様
    店長もめちゃめちゃ笑いました。
    後で聞いたところ、従業員からすると普通のことで、
    特に笑いを取ろうと思っての発言ではなかったようですね。
    Oは単数、Iは複数と、直感的にイメージしてしまうんでしょう。
    これを聞いて笑えるのは日本人だけのようです。
    残念!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です