イタリアから日本へ電話する

先日、初めて道端で職務質問を受けました。
大掛かりな検問で、逃走犯を追っていたようです。
身分証明書を携帯していて命拾いでした。
気付いたら職務質問が普通の会話になっていました。

来週、母親と一緒に来店しくれるそうです。(笑

今日久々にトラムで出勤してみました。
否、出勤しようとしてみました。
ところが30分待っても40分待っても来ませんでした。
停留所は暴徒と化したイタリア人で溢れかえりました。
致し方なくタクシーで出勤しました。
道が激混みでした。

40分も仕事に遅刻してしまいましたが、これは僕のせいですか?

帰国まであと1週間。
頑張れ、店長。

さてさて本日はイタリアからの国際電話のお話し。
イタリア→日本と日本→イタリアでは電話料金が違います。
断然イタリアからかけた方が断然安いんです。
でもいくらイタリアからの方が安いからといって、
普通に国際電話をかけまくったら、毎日ご飯がイワシです。

そこで登場するのがこの国際電話カードです。

21700940_192.jpeg

21700940_201.jpeg

もうこのカードには散々お世話になっています。
スカイプ等のIP電話の出現で若干使用頻度は減ったものの、
やはり元来の電話で話さねばならぬシーンはまだまだ健在です。
1枚5ユーロで150分話せることになってるんですが、
実際は110~120分程度しか話せません。
アナウンスでは150分話せるって確かに言ってるのに・・・。
詐欺かよ!とツッコミたくなるところですが、
何や言うてもここはイタリアですから。(苦笑

まぁ120分しか話せなくても激安なことには変わりありません。
ちなみに国際電話カードにも色んな種類があるようです。
前出写真は店長がいつも使っている『WINNER』というカードです。
前は『BRIGHT』というカードを使ってたんですが、
WINNERの方が20分くらい長く話せることを発見しました。
かける国が同じでもカードの種類によって通話時間が違うようです。

こういうカードが何処でも売っていたり、安かったり、
はたまた種類が多かったりすることで移民の多さを実感しますね。
日本にはこういうカードないですよね!?
日本人海外移住者の為に激しく作って頂きたいですな。
そしたら日本からでも気軽に電話かけてこられるのに・・・。

毎回こっちからかけてたら友達いないみたいで虚しい今日この頃。

怒涛の7月もそろそろ終わりですね。(哀愁

「イタリアから日本へ電話する」への6件のフィードバック

  1. おお、やっぱりマンマと一緒にご来店されるのね。。警察官のmammoneめ。
    へぇぇぇぇ知らずにテキトウなカードを使ってました。すぐ切れちゃったし。次回行くことになったら(未定)、買って見ようっと♪だが、ヤツの自宅付近のバールでは一切売られていないんですが^^;なぜ?!?!「必要なのは、携帯のプリペイドか?!」って言われちゃいます。。sei cinese?までついて。。。バールなんか嫌いだー(話がそれました)

  2. >milano-distanza様
    なんだかんだでやっぱりマンマ・ミーアの国ですからね。
    彼女に何かを買うにもママの意見は絶対な訳で・・・。w
    このカードは何処にでも売っているはずですよ。
    Winnerくれ!って言って通じなかったことはないので・・・。
    Carta di Telefono per internazionaleで更に通じます!
    次回、是非ご参考にどうぞ。

  3. ええ、何度マンマの選んだプレゼントをいただいたことか・・(遠い目)
    店まで連れて行くか??日本男児だったらありえんですね。
    カード、ありがとうございます。本当に安いですよね。試してみます♪

  4. >milano-distanza様
    日本人ほど親を遠ざける必要もないのかもしれませんが、
    イタリアほど近づけるのも如何なものかな、と。
    ママの意見は絶対ですからね・・・・。

  5. >ken様
    あらま、本当だ。
    もっとメジャーになってくれることを願いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です