イタリアでも繰り広げられる恒例の惨劇

またしてもイタリア共和国に熱波がやってきました。
って言っても一昨日からなんでね、
例年からしたら遅すぎるくらいですが、
午後7時で35度超えはまったくもって鬱陶しいことこの上なし。

愛犬フィオ様も若干ぐったり気味ですね。
まったく可愛いったらありゃしない。
 
いつの間にか愛犬自慢に話題が差し変わったことには触れず、
本日は世界中で繰り広げられるあの惨劇の話題です。 

どれだけの血が流れればこの紛争は終焉を迎えるのだろうか。

ある者は生きる続ける為に、

またある物は苦痛から逃れる為に戦いを続け、

有史以来この戦いが終わることはない。

共存は困難。

己の存在意義を掛け、

今日もまた、世界中で血は流れる。

殺生の行使に伴う精神的苦痛と自己の肉体的苦痛。

優先的に回避されるべきはどちらか。

殺生を好む者などいない。

しかし殺生を好まざるが故に、

それを回避すべく己への肉体的苦痛を受け入れられるのか。

肉体への苦痛を容易に受け入れられる者もまたいない。

道は一つ。

選択せよ。

現実を直視せよ。

正解などないのだ。

考えよ。

そして実行せよ。

          バンッ!!!

・・・・・・・・・・蚊がね・・・・・・・多いの。

「イタリアでも繰り広げられる恒例の惨劇」への4件のフィードバック

  1. はじめまして、こんばんみ。nasuと申します。
    蚊のお話関係で、トラックバックしてくださっていたので、のぞきにきました。
    なんだか、なんとな~く縁を感じたため、ブログコメントなんて、知らない人には、めったに書かないあたくしですが、思わずコメントしてみました。
    店長さんが、情熱大陸に出る日を、日本で楽しみにしていますねー。
    よかったら、またうちものぞいてくださいまし!

  2. なんだなんだ?!と思ったら、蚊でしたか・・。笑
    イタリアの蚊はすごいらしいですねぇ。蚊取線香が何個あれば撃退できるのでしょうか?!きっと帰国時に日本で蚊に刺されても店長さん感じなくなりそうですね。免疫つきすぎて(んなわけないか・・)!

  3. >nasu様
    はじめましてぇ~。
    トラックバック承認、初コメントありがとうございます。
    実はトラックバック先を探してNASUさんのブログを拝見した際に、
    似た表現というか、言葉の使い回しに似たものを感じていました。
    趣味趣向が似ているんでしょうか!?w
    ともあれこれからもご愛好宜しくお願いします。
    ちょいちょいそちらのブログも覗かせて頂きますね♪

  4. >milano-distanza様
    まぁーでかいですよ、イタリアンモスキートは!
    体格がでかいということは、痒さも尋常ではなく、
    大体刺された瞬間が分るくらい痛いですから・・・・。
    虫までラテンは困ったもんです・・・・・。www

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です