イタリア国内騒然の法王復活写真から前法王を回想する

はいはい。
ようやく売り上げが回復して参りました。
町にも人が戻ってきたような気もします。

とは言え、ここ2週間の業績低迷は深刻で、
2007年の年間売り上げ目標を達成できるのか、今が瀬戸際。

店長日記読者の皆様におかれましては、
最寄神社にて商売繁盛のお守りを購入の上、
ミラノの店長まで送って下さいますよう強制。ww

頑張れ、店長。

あ、そういえば昨日28日の日曜日をもって、
EU全土でサマータイムが終わりました。
日本⇔イタリアの時差はこれで8時間ですのでご注意を。(ダレニ?
夏時間の解釈をいまいち理解していない方はこちらから。

そんなことで昨日の朝10時は一昨日までの朝11時な訳で、
本来であれば1時間多く寝てても問題がなかった訳ですが、
すっかりさっぱりこのシステムの終了を忘れていた店長さん。

昨日日曜日を夏時間のままで過ごしてしまい、
本日月曜日は1時間早く出勤してしまいました。

元来夏時間なんて不要説信者の店長さんですので、
1時間を無駄にしてしまった感覚で腹が立ってしゃーない!!

朝の1時間は100万出されても売らない勢いですから、
そのうちイタリア共和国を相手取って裁判でも起こしてやります。

眠いぞ、クソー。

続きを読む イタリア国内騒然の法王復活写真から前法王を回想する

下世話なイタリア語講座 -動詞編-

はい、という訳で店長ですけれどもね、
相変わらず売り上げさっぱりでどうにも精神限界。
最近はもう電気も付けずに体育座りな毎日ですから、
これが今後も続くようだと店長さんは完全に出家です。
京都の山にでも篭って経済活動と無縁の余生を・・・・。

はぁ~。

どうしちゃったんでしょうね、ミラノ。
大体がまったくもって人間の往来が皆無。
本日水曜日は朝から雨という不遇が重なりまして、
少なくともうちの通りでは生命体を確認できません。

こう不遇な状況が続くと、
自分が間違ってるんじゃないかと不安になる訳です。
経営的に、何かが決定的に欠落しているんじゃないかとか、
これまでの接客が悪印象を与えて続けてたんじゃないかとか、
過去の悪事がネット等で暴露されてるんじゃないかとか・・・。

そう、実は店長・・・・前科が・・・・・・。

・・・・いい加減冗談言ってるのも疲れてきたんで本編です。w

続きを読む 下世話なイタリア語講座 -動詞編-

ナポリというところ 其の参

・・・・・・こんばんわ、店長です。

あまりの暇さに完全にグロッキーな店長です。

月曜から金曜まで、毎日午後出勤の従業員が風邪でダウン。

よって店長は5日間、午後は毎日1人で店番。

孤独。

閑散。

死にたい。

いやいや、あかんあかん。

世の中にはね、どんなに大漁でも満足しない漁師がいます。

完璧な寿司なんてねぇーんだよ、と語る寿司職人がいます。

世の中から火事が消えたら自分達の仕事はなくなるんです。
自分達の存在をなくす為に働いている。
不謹慎だけどこれって寂しいですよね、と語る消防士がいます。

紳士に仕事と向き合っている人は誰だって悩むんです。
前を向いて生きていきます。(大袈裟

続きを読む ナポリというところ 其の参

イタリアのお菓子メーカーに物申す

はいー。

そんなことで先週土曜日、日本よりミラノに帰還した店長です。
8月は約1ヶ月に渡り日本に滞在していました。
その後ミラノに戻り9月の通常業務をこなし、
またまた日本に帰って2週間の滞在を消化してきました。

今週からクリスマスまでの約70日間ミラノに滞在します。
ちなみに12月は休日も店を開けるので25連勤とかですね。(爆死
それからまた2週間日本に帰国して諸々こなし、
年始の7日前後からは2008年業務の始まりです。

これまでに日本⇔イタリアも既に9.5往復!
総移動距離もあわや驚愕の10万キロに達する勢いです。

いつか墜落飛行機の貧乏クジを引きそうで怖いよ、神様・・・(ノД`)

続きを読む イタリアのお菓子メーカーに物申す

危機的状況で国民性が明確になる瞬間

ということで鹿児島へ行ってきました。
九州初上陸&訪問地の最南端記録を大幅に更新です。
とりあえず思いっきり南国でしたがね。
店長が到着した10月7日午後4時の気温が30度とかですよ。
まだ蝉が鳴いてましたよ。
10月なのに蛍もご健在。
Tシャツもびしょびしょですよ。
そこかしこで今だクーラー殿がバリバリ躍動しておりましたね。

・・・・国が違う。

ってか、店長2週間前迄ミラノにいたんですよ。
あわや10度を割ろうかという気温。
先週は東京と山梨でお仕事。
20度前後の過ごしやすい天候でした。
で、今週の鹿児島は連日の30度超え。
明後日から10度を割っているかもしれないミラノに再帰還。

店長の身を案じたまえ、諸君。

続きを読む 危機的状況で国民性が明確になる瞬間