イタリアのお菓子メーカーに物申す

はいー。

そんなことで先週土曜日、日本よりミラノに帰還した店長です。
8月は約1ヶ月に渡り日本に滞在していました。
その後ミラノに戻り9月の通常業務をこなし、
またまた日本に帰って2週間の滞在を消化してきました。

今週からクリスマスまでの約70日間ミラノに滞在します。
ちなみに12月は休日も店を開けるので25連勤とかですね。(爆死
それからまた2週間日本に帰国して諸々こなし、
年始の7日前後からは2008年業務の始まりです。

これまでに日本⇔イタリアも既に9.5往復!
総移動距離もあわや驚愕の10万キロに達する勢いです。

いつか墜落飛行機の貧乏クジを引きそうで怖いよ、神様・・・(ノД`)

あ、日記本編に特攻する前に芸能人遭遇のお話を1つ。

日伊往復が早くも10回の大台に乗りそうな件は先ほど書きましたが、
それだけ往復の中で今回初めて芸能人と同じ便に搭乗しました。
遭遇したのはスタイル抜群でお馴染みのK姉妹。
成田のパスポートコントロールで目撃したと思ったら、
結局2人の行き先もミラノということで、
マルペンサで荷物を待つお2人を申し訳なさそうに激写。(笑

07-10-14_02-07.jpg

荷物を待つ間まんまと2人の真横を陣取った店長ですが、
思ったよりも背が高くなかったですね。
ヒール履いてもスニーカーの店長(170㎝)と同じくらい。

妹さんの方は心配そうに荷物に目を配っているのに対して、
予想通りお姉さんの方は後方でどっしり待機してるのが笑えました。

2人共ニコニコしてお礼を言ったりして、とってもいい人そうでした。
しかし2人でビトンのでかいラゲージ6個はどうかと思うが・・・。
何が入っているのか気になり過ぎて夜も眠れねぇ。(笑

うちの店で500万くらい買い物してかないかなぁ・・・(ボソ

さて本題。
前回鹿児島旅行の日記をUP致しました。

店長さんは九州初上陸だった訳ですが、
気候はもちろん、やはり食べ物も関東とは違うな、と。

味は全体的に薄味で、醤油が甘いのが特徴でしょうか。
地鶏の刺身、黒豚のしゃぶしゃぶ、とんこつ(煮込み料理名)、
キビナゴの刺身、鶏飯(けいはん)、そうめん流し・・・etc
とにかくご飯が美味しかったのでひたすら食べてたような気がします。

で、ちょっと面白かったのがこれ↓。
鹿児島限定なのか否かは分かり兼ねますが、
南国名物のキャラメル達です。

IMG.jpg

IMG_0001.jpg

IMG_0002.jpg

IMG_0003.jpg

IMG_0004.jpg

唯一ボンタンアメが全国区なんですかね!?
とりあえずこの中では紫芋ソフトキャラメルが秀逸でした。
でね、ミラノに戻って、これらのパッケージをぼーっと見て思う訳です。

欧米は、お菓子の種類が日本に比べて絶対的に少ない!

欧米のスーパーに立ち寄った事のある方はお分かりでしょうが、
我が母国・日本はお菓子文化が圧倒的に進んでいます。
ミラノでは、店長全然甘いものを食べていません。
食べていないと言うか、全く食べたいと思わないんです。
もう魅力的なお菓子が殆どない、なさ過ぎる。

クッキー系とチョコレート系、以上!

あああ!!!!
発想しろ!!!!

もっと色々考えられるだろ!!!!
もっと色んなもの組み合わせてみろ!!!

パッケージも変わり映えしないものばっかりだし、
味は甘ったるくて繊細さは皆無!!!!!

日本はしょっぱい系もお菓子になり得る訳なんで、
確かに種類が豊富になるのも分かるんですが、
それにしても欧米のお菓子事情は酷過ぎる!!

ミラノでお菓子屋でも始めて一財産築こうかしら。(笑

そんなことで店長訪問の際はお菓子を持参するように!(ナニサマダ!?

「イタリアのお菓子メーカーに物申す」への2件のフィードバック

  1. お帰りなさい~
    今度お店に行くときは、日本のオススメお菓子を持参します!
    (いつ行けるかは未定・・・。)

  2. >Ikuyo様
    先日は来訪ありがとうございました。
    無事に帰国されてたということで何よりです。
    またイタリア訪問の際はご一報下さいねぇ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です