過渡期にイタリア人を接客する苦労

5日ぶりの柳澤政左衛門乃助店長におはせられます。(誰?

12月も光陰矢の如く中旬を迎えておりまして、
店長さんの連続出勤記録も16を更新して参りました。
売上げが獲得できるか否か、日々宝クジ状態ということで、
正直申しますと身も心もボロボロな今日現在。

そろそろ血尿ですよ、あーた!(*/∇\*)

あ、そうそう。
先日のFIFAクラブW杯準決勝の浦和vsA.Cミラン in横浜。
当日は浦和の敗戦を確認してから恒例の弁当屋に出向いた訳ですが、
予想通り素行の悪い店員達にこの話題でいじられまくりの私。

・蹴球において日本がイタリアに勝訴するなど絵空事だ
・やはり日本人は蹴球より相撲を極めるべきだ
・なにゆえ力士を代表に召集しないのか甚だ疑問だ

といった具合でもうクソミソ。
己の発言に爆笑のイタリアンズに強烈な殺意を覚えつつ、
苦笑いソーマッチでテイクアウトのパスタの他にコーラを注文。
これに対してファッキンイタリアンズの1人、推定34歳の発言。

横浜にコーラはないぞ。( ゚Д゚)y─┛~~

私自身、うまいこと言われた様な気が一瞬致しましたが、
結局発言の意図が理解できないこと甚だしく、
回避不能な雰囲気のみの笑いを押し売りされて、
浦和敗戦の2次災害を被った形の可哀相な店長さんです。

とりあえず埼玉県民は僕に謝罪して下さい。

いい加減本編を始めます。w
本日は弊社の基本姿勢について。

私店長、日出国の出身ゆえ、
イタリア人の接客態度には逐一憤慨を覚える訳です。
自分達はこうなったらいかん、と常々心しておる訳ですので、
我々の、お客様に対する基本方針はこれ。

一、お客様は神様です

冒頭でも触れましたが12月も中旬です。
売り上げがいよいよ伸びて参りました。
全てが順調とはいかないものの、
良いベクトルで生活できているように思います。

一、お客様は神様です

12月は神様の絶対数が確実に増加致します。
とはいえ毎時、毎分、毎秒、神様の来店がある訳ではありません。
暇な時間帯もあれば、忙しい時間帯もあり、
午前中はやはり多忙を極めることは少なく、
店長日記の下書きなどに従事しておったりする訳です。

一、お客様は神様です

神様はかなり気分屋でおはせられます。
先日の土曜は猛烈な神様軍の来店を頂いた訳ですが、
その来襲の全てが午後の出来事でした。
午前中は僅かばかりの危機感を抱くほどの閑散。
午後の千神万来に期待しつつ、ため息交じりの昼食となりました。

一、お客様は神様です

休憩明けの午後4時のことです。
まず女性の神様が家来の犬殿を2匹連れて来店。
この神様、散々に悩んでおられました。
そして良く喋る神様でした。
あぁでもない、こうでもない。
イタリアはどうだ、日本はこうだ。
大体男ってのは云々かんぬん。

黙って選・・・・。

一、お客様は神様です

その5分後、続け様に2人組の神様がご来店。
姪っ子へのプレゼントをお探しのご様子。
あぁでもない、こうでもない。
まだ子供だからどうだ。
いやいやもう大人なんだからこうだ。

煩いったらありゃし・・・・・。

一、お客様は神様です

2組の神様軍接客中には1本の電話を頂戴。
電話の主も神様軍の1人ということで丁寧に対応。
営業時間に関するお問い合わせです。

もう少し小さい声でゆっくり喋・・・・・・。

一、お客様は神様です

そして続いて3人組の神様がご来店。
あぁでもない、こうでもない。
私はこう思う。
私はそうは思わない。
私はどっちでもいいと思う。
もっとこういうタイプがいい。
いやいやそうれは違う。
私はどっちでもいい。

1人が代表して喋・・・・・・・。

一、お客様は神様です

この時点で既に店内には6人の神様と店長と従業員と2匹の犬。
生物学的に表記すれば10匹の生命体を確認。
畳計算で表記すれば10畳ほどの店内に10匹の生命体。
1畳に1匹の生命体。

酸素が薄・・・・・・・・。

一、お客様は神様です

更にまたしても神様からのお電話を頂戴。
営業時間と商品のお問い合わせ。

お願いだからもう少しゆっくり・・・・・・・・・。

一、お客様は神様です

僅かに25分程度で3組の接客、2本の電話対応をこなし、
無事に3組全ての神様への販売を締結。
色々な毛穴から汗と組織液が吹き出ていたような気がします。
吹き出てはいけない液体も混ざっていたような気がします。

物凄い疲労感に襲・・・・・・・・・・。

一、お客様は神様です

営業終了後、税理士提出用に売り上げを記入していました。
これは日々こなすべき仕事の1つです。
土曜の合計販売金額はホクホクだった訳ですが、
台帳を記入しながら売り上げを回想してみると驚愕の新事実。
土曜の売り上げはその30分間、3組への販売のみ。
僅かばかりの虚しさが込み上げたのは事実です。

もう少し分散して来店して・・・・・・・・・・。

一、お客様は神様です

いらっしゃいませぇ~。

「過渡期にイタリア人を接客する苦労」への2件のフィードバック

  1. >ぽっけ様
    過渡期だろうが閑散期だろうが丁寧に接客せねばなりません。
    それを均一にできないうちは未熟者ということかと。
    頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です