ミラノに舞い降りたサンタクロース Vo.3

・・・・・・・はぁはぁ。

既に体力の限界を迎えております、店長です。
さすがにクリスマスということで1日の接客数がミラクル。

売り上げの方はまだまだくすぶっておりますが、
今年はクリスマスまでの週末が1回多いんです。

恐らくはそれで出足が遅れているんだろうと。
そう予想しないとやっていられない精神状態をご理解下さい。w

ともあれそれなりに忙しいクリスマスを送っている訳ですが、
現在うちの販売員の1人が産休を取っております。
この販売員、うちのエースなんです。
サッカーだったら10番、野球だったら1番です。
そのエースを欠いて決勝戦を戦っておる訳です。
店長の精神状態を再度ご理解下さい。ww

しかも、産休の社員が1人いるということは、
必然的に代わりの販売員が1人入ってきたということです。
要するに新入社員です。

当然うちのシステムを一から叩き込まねばなりません。
ジュエリーの知識もゼロなのでそっちも併せて教え込んでいます。

実況: さぁ始まりました、12月の絶対に負けられない戦い!

実況: 本日は強豪F.Cクリスマスとの決戦をお送りして参ります。
     店長F.C、果たして今年は勝利することができるのか!?

実況: おーっと、ここでいきなり店長のスルーパスが通った!

実況: 新入社員がゴール前でフリーだ、チャンスになる!

実況: あああああああああああぁっと何ということだ!なぜだ!?

実況: 掴んだ!ボールを手で掴んだ!掴んでしまったー!

実況: 解説の越前さん・・・。今のは一体・・・!?

解説: やはり大事な決勝戦に素人の起用は無謀でしたね。

解説: 新入社員の起用を回避できなかったとは言え、
     キャプテン店長の采配ミスといっていいでしょう。

実況: ピッチ上では現在、
     店長が新入社員にハンドのルール説明を行っております。

実況: これは痛々しい光景ですね。

解説: エースの産休欠場がこういう形で響くとは・・・・。

実況: キャプテン店長、さぞかし無念でしょう・・・・。
     私の目にも涙が・・・・。

みたいな。
試合始まってからチームメイトにルール説明してるみたいなね。

分かりにくっ!

頑張れ、俺。

さて前回の日記から6ヵ月後のお話し。
Vo.1Vo.2はこちらから。

すっかり木々は新緑を迎え、
この地にも厳しい冬があったことなど忘れかけた5月も中旬。
遂にあの男が帰って参りました。
酔いどれサンタAGAINです。
もう季節的にサンタじゃないんですけどね・・・。w

ともあれ、相も変わらず酔っ払っております。w
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・

酔:『おっす!今日も天気いいなぁ!元気でやってっかぁー!?』

店:『おぉ!おっさん!久しぶりだな!』

酔:『鏡の調子はどうだ!?』

店:『ってかやっぱこの位置じゃ低過ぎるよ。誰かに工事頼めねぇの!?』

酔:『そういうことなら早く言えよ!俺に任せろ!』

店:(半年前に頼んだじゃねぇかコノヤロー!)

酔:『20分くらい待ってろよ。仲間連れてきてやっから!』

数十分後に酔いどれサンタが仲間を連れて意気揚々と再び登場。
そいつまで酔っ払ってやがります。(笑

仲:『こいつか、鏡ってのは?』

酔:『そうなんだよ。金具付けて持ち上げてやってくれ。』

仲:『OKだ。10分で終わらせるわ。』

店:『宜しくお願いします。』

酔:『後で値段はこいつに聞いてくれ。俺は帰る。』

店:『OK。ありがとな、おっさん。』

で、さっそく工事開始。

ウィーンウィーン

酔いどれ工事1.jpeg

ペタペタ

酔いどれ工事2.jpeg

ゲラゲラ

酔いどれ工事3.jpeg

ここまで10分で終了。
ここから値段交渉。

店:『んでいくら払えばいいんですか?』

仲:『40ユーロだな。』

店:『高っ!!!40って!!!鏡が90ユーロなのに!!!』

仲:『そりゃしょうがねぇよ。俺に頼んじまったんだからヨー。』

従業員G:『10分の仕事でその値段はないでしょ!何考えてんのよ!!』

店:(えぇぇぇえええ! お前が切れんのかい!!!)

仲:『10分やそこらとは何事だ!プロの仕事に口出すんじゃねぇ!』

G:『たったの10分で何がプロよ!えぇ!』

仲:『たった10分だと!このババァ!!!』

G:『女性に向かってババァとは何事ですか!!!!』

仲:『うっせぇババァ!とにかく40ユーロ払えコノー!!』

G:『10分で40!?バカじゃないの!?』

仲:『アマチュアは引っ込んでろ!!』

G:『10分で40なんてΩξжΜΘΨΦΓΩΞΩξжΜΘΨΦ!!!』

仲:『プロの仕事にΦΓΩΞΩξжΜΘΨΦΩξΜΘΨΦ!!!』

店:(・・・・・収拾不能です。・・・・ってか子供か、おまいら!笑)

G:『あんたの仲間連れてきなさいよ!あんたじゃ話になんないわ!』

仲:『あいつが40つったら40払うんだな!?んじゃ連れてきてやるよ!』

5分後、酔いどれサンタ再び登場。

つーか帰ったんじゃねぇーのかよ!
どこにいた!?(笑

酔:『まぁこいつが40って言ってるんで40払ってやってくれませんか!?
   ダメですか!?どうでしょうか!?そこは何とかなりませんか!?』

店:(おっさん腰低っ!!)

G:『40なんて払える訳ないでしょ!30にしなさい、30に!』

店:(たった10ユーロの交渉!!)

仲:『てめぇーも往生際が悪ぃなぁ!』

G:『たった10分で40ユーロなんてどこの世界の話よ!』

酔:『まぁ俺も30でいいと思うぞ。』

店:(うわうわっ!サンタが寝返った!爆笑)

仲:『いんや!俺は40貰うまでここを動かねぇぞ!コノー!』

店:『分かったって、うん。分かった、40払うから。ね!?』

G:『あんた何考えてんのよ!本気で40も払う気!?』

店:(上司に向かってあんたとはなんだ!怒) 『まぁもういいじゃん。』

G:『私は認めないわ!』

店:(・・・・・頼むから黙れ。) 『まぁもういいじゃんか。』

G:『ふんっ。』

店:『はい、40ユーロ。ありがとう。』

仲:『いや・・・・・やっぱ30でいいや。』

あっはっはっはっはっはっはっは

みんな消えてなくなればいいのに…(-益-。)

-続く-

「ミラノに舞い降りたサンタクロース Vo.3」への8件のフィードバック

  1. >ぽっけ様
    そうなんですよねぇー。
    最近は結構ストレスもなくなってきてますし、
    何より夏休みも長いしねぇ。
    このままイタリアに住んでもいいかなぁって。
    ・・・・・なんて言うと思うか!?w

  2. さすが酔いどれサンタの仲間ですね!!
    そこまでねばっておいて
    そう来たかっっっ!!!!!とこちらも
    思わず突っ込んでしまいました(笑)
    繁忙期の新人さん・・・
    考えただけで怖いですが、
    よーく考えたら私のアルバイト先も
    新人がクリスマスデビューでした。。
    店長さんの体力がクリスマスまで
    持ちこたえますように!!
    頑張ってください★★★

  3. す、す、すごい・・・
    最後の最後に・・・
    またまた笑わせてもらいました。
    言い合いする体力を他に使えばいいのに、
    って思います。
    さすがサンタ!

  4. >Marie様
    勝手な予想ですが、サンタの周りは皆こんなんなんだろうな、と。
    奥さんとか子供とかいるなら見てみたいですよね。ww
    さて、店長の体力ですが、
    残念ながら残存8%くらいでしょうか。
    まー何と言いましても朝がですね、朝が辛過ぎます。
    体がベッドから剥がれません。
    結局そうは言っても会社休める訳じゃありませんから、
    死ぬ気でやるしかないんです。。。(涙

  5. >堕天使様
    そうなんですよ!
    非常に非合理的な人種なんですよ、こやつら!
    別のところにその労力を注げ!と思う場面が多々あります。
    要するにアホです。w

  6. その新人さんにとってはまさに新人戦ですね!
    ルールが分からないのは当人が一番辛いんですよね。。。
    私は中学で剣道をやっていてデビュー戦で隣の試合会場に出てしまい、
    試合進行をメチャクチャにしてしまいました…
    新人戦が成功するよう応援していますWW

  7. >あい様
    新人戦なのか決勝戦なのか、
    名称はともあれ修羅場であることに違いありませんね。ww
    日々やつれていってます、彼女。
    ここを乗り越えてくれればあと楽なんで、
    どうにか頑張って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です