店長、暗黒のイタリア生活からの脱却

 祝!

店長日記!

リニューアルオープン!

祝!って自分で言っちゃいました。(笑

そんなことで店長日記がリニューアルです。
突然のことでビックリされた方も多いかと思いますが、
これによりさらなるアクセスの向上を願います。
定期購読者の皆様におかれましては、
これまでと変わらぬご愛好を宜しくお願い致します。

この度のサイトリニューアルに際してブログに華やかさが増し、
活字も追いやすくなったのではと思いますが、
基本的なサイト構成はこれまでとなんら変わりありません。

ただ、大きな違いが一点だけ。
記事の最後に採点システムを採用してみました。
読者の皆様には記事の面白さを5点満点で評価して頂きますと、
TOPページにランキング形式で各記事が羅列されます。
当然皆様の評価が高ければ上位に表示される訳です。

これによって皆様が何を面白いと感じるのかを店長も知るころができ、
恐らくはブログ記事の向上に繋がるんではないかと予想されますので、
コメントするのはちょっと恥ずかしいそこのあなたも是非クリックを!(笑

それから、実はまだリニューアルは完了しておりません。
これまで同様、これからTOPページに店長とフィオのプロフが入ります。

さらには現在、友人がブログタイトルの背景画像を製作してくれている最中です。
現状のスキーの画像は仮画像ということでUPしてありますが、
この友人はその道のプロなんで、そちらの方もお楽しみに。

ではでは本日も本編参りますか。

先日、後輩のブログ記事を読んでおりました。
彼は大学の後輩で店長の4つ下になります。
その彼、今年24歳で今年が厄年なんだそうです。

その記事を読んで店長ふと思いました。
店長は現在27歳、今年の年末に28歳を迎えます。
4年前の23歳には勿論厄年を迎えていた訳ですが、
実は昨年に3年間の大殺界が終わったばかりなんです。
あ、大殺界ご存知ない方はこちらからどうぞ。
近年TVに出まくってるあのおばさんの統計学による厄年です。

で!

基本的に店長そういうの信じてません。
厄年とか大殺界とか不愉快極まりない、と。
そんなもんが万人にまかり通ってたまるか、と。
そんなもんに屈する店長さんじゃねぇーよ、と。

ずっと思っていた訳ですよ。
そういうの気にしてネガティブになっちゃうなら、
知らないでポジティブに生きていたい派なんです。

ところがね、近年を振り返ってみると・・・・・・

2003年 前厄 破壊力3

・6月、就職活動で内定が出ずイタリア行きが決定
 →入社を切望していた某大手音楽レーベルの就職試験において、
  5万人から最終の60人まで残りながら、最後の最後で落選。
  その後、悩んだ末にイタリアへ渡ることを決意する訳ですが・・・・・。

・8月、甲府で運転中に事故
 →怪我人がいなかっただけでもよしとすべきか!?

・12月、酔い潰され、年越しの瞬間は空のバスタブで爆睡
 →小樽でのスキー合宿で先輩の横暴に撃沈。

2004年 本厄 破壊力5

・3月、スキー引退試合3種目中2種目でまさかの転倒
 →このシーズンは絶好調で、引退試合以外は殆ど表彰台だったのに、
  肝心要の引退試合では散々な結果に号泣。

・4月、ビザの取得に10ヶ月で胃痛な毎日
 →この年からイタリアに渡り、鬼のような苦労が始まりました。

・6月、そう呼ぶには高過ぎる2段ベッドから落下で6針も縫う大怪我
 →ミラノで1番最初に借りた部屋の2段ベッドの底が抜けるミラクル。
  渡伊後僅かに1ヶ月半での大惨事に日本帰国を切望。

・9月、20人もの面接の末に雇ったイタリア人がまさかの逃亡
 →諸事情で9月から新規雇用者が緊急で必要になり、
  7月から始めた面接の末に決めたイタリア人がまさかの2週間で逃亡。

・10月、意図せず不法滞在疑惑の身分に陥り身を潜める生活
 →こんなん絶対店長が悪い訳じゃないのに・・・。
  詳しくは店長のビザ取得物語をどうぞ。

2005年 後厄&大殺界(陰影) 破壊力3+破壊力3=破壊力6

・2月、顧客から難癖でまさかの裁判攻撃
 →100%こちらは悪くないと言い切れる事件でした。詳しくはこちら

・6月、扁桃腺炎に倒れ40度の高熱につき店長死亡説
 →本気で死ぬかと思いました。詳しくはこちら

・7月、デパート店舗撤退にあたりデパート側担当者と戦争
 →当時店舗のあったデパート側のあまりの横暴ぶりに店長ブチ切れ。
  担当者と喧嘩の毎日で事業縮小を決意。

・9月、税理士解任でまさかのマフィア登場
 →いい加減道を極めた税理士の解任を決意したところ、
  マフィアの名前を出されて脅される展開に発狂。

・10月、リストラであわや胃潰瘍
 →従業員と代理人に恵まれず、致し方なくリストラを連発。
  でもやっぱり気持ちが良いものであるはずもなく・・・。

・年に2回もの盗難被害
 →犯人が見つかったら手裏剣を投げてやりたいと思います。

2006年 大殺界(停止) 破壊力5

・2月、フランスで迷子になり凍死寸前
 →えぇそうです、伝説のあの事件です。こちらからどうぞ。

・4月、ビザ更新に手間取り胃痛な毎日
 →ようやく取得したビザはあっという間に更新時期になり、
  案の定更新に際しても多大なる労力を費やさねばならず、
  本当にこの国の全てが消え去ったらいいのにとか考え始め、
  もう滞在関係の書類に関しては愚痴を書いても書ききれない思いで・・・。

・5月、愛犬フィオ様がよもやの失踪
 →大型犬に襲われてまさかの失踪。
  数日間、寝れない毎日が続きました。詳しくはこちら

・11月、風邪をこじらせるも不屈の魂
 →結構重い風邪を引くも、クリスマス前ということで仕事は休めず。
  結局2週間以上発熱のまま仕事を続けました。社長は辛いよ。

・12月、年間売り上げが過去最高を記録するも微妙に赤字
 →もう一歩及ばずに涙々の帰国。

2007年 大殺界(減退) 破壊力3

・4月、EUスキー会に殴りこみを掛けるも返り討ち
 →日本の名誉に傷を付けてしまって申し訳ない。詳しくはこちら

・8月、父倒れる
倒れたと聞いた日はこっちが倒れるかと思いました。

・12月、下半期売り上げ急失速で目標売り上げ達成ならず
 →政府が変わったせいでもうイタリア経済ぐちゃぐちゃです。
  あ、でも一応黒字でしたけどね♪

・・・・・命があってなにより。

本厄と大殺界の停止が重なってたら死んでましたね、たぶん。ww
そんな訳で意外に当たってるな、と。

後厄と大殺界の1年目が合わさった2005年は本当に辛くて、
何度も、もう生きていたくないと真剣に思いましたし、
今だから言えますが心の底からイタリアが嫌いでした。

まぁでもそれがあってこその今なんでしょうね。
2008年になりまして、晴れて暗黒期間を通り超えた訳ですから、
これからはさぞ人生薔薇色なってくれるんでしょう。
そうじゃなかったら陰陽道と細木さんを呪います。w

そいで、もっと突っ込んでこの記事を展開していきますが、
イタリアにもこういった厄年的なものって存在するのかなと、ふと。

ないそうです。(結論早っ!

一応イタリア語にも『厄』とか『厄払い』とかいう単語はあるんですが、
代々の継承によってお気楽DNAが組み込まれたイタリアンズには、
きっと備えなんて必要ないのかもしれませんね。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です