イタリアの天候を味方にできなかった店長の苦悩

そんなこんなで2月です。
来月から遂にバッグの買い付けが始まります。
5月には1週間ほど日本に帰らなくてはなりません。
8月は丸々1ヶ月間お休みです。
11月には結婚式がありますので、
10月はきっとてんやわんやでしょう。
12月は忙し過ぎて時間の感覚がございません。
詰まるところ今年は多忙必至。
そろそろ2009年です。

皆さん、いかがお過ごしですか!?

毎度お馴染み店長におはせられます。

そんなことで毎度謎だらけの冒頭ですが、
またしてもミラノは連続の雨日和です。
雨々降れ々母さん日和に陥ってしまいました。

店長がスキーからミラノに戻ったのが木曜の深夜。
憎き雨野郎はその翌日の金曜から落下を始め、
本日月曜に至るまでその破竹の勢いを保持。

まったく商売になりゃしない_| ̄|○

政府は倒れるし、雨は止まないし、
さすがの店長も鬱入りそうで困ってます。
皆さんのお奨め解消法をコメント欄まで。

ほいじゃ本編いきますか。

もちろん本日の話題は先日のスキーです。
前回の日記でも高らかに試合参戦、
はたまた優勝を公言して出発致した訳なんですが、
なんとなんと残念ながら濃霧のため試合開催ならず・・・・。

なんの為にあんな辺境の地まで行ったのか_| ̄|○

一応地図貼っ付けておきます。
今回出向いたOrtisei(オルティゼイ)ってこんなに遠いんです。

MAP milano→ortisei.jpg

今回友達のダビデが車を出してくれましたので、
公共機関で向かうよりも早く到着はしましたが、
それでも片道4時間以上も掛かった訳ですよ。

それなのにそれなのに・・・・・_| ̄|○

ともあれ順を追って執筆していきましょうか。
まずオルティゼイに到着したのが29日の夜11時頃でしたか。
遅い到着だったにも関わらず、
文句も言わずに晩飯がちゃんと出てきました!
しかもパスタとステーキ!

・・・・・さすがイタリア人とは違う。

あ、今回出向いたオルティゼイってのはですね、
イタリアにありながら公用語がドイツ語でして、
住人も殆どがオーストリア人だったりします。
場合によってはイタリアなのにイタリア語が通じません。(笑
しかしながらオーストリア人ってのは皆親切で、
皆巨大で、皆良く食べて、皆勤勉です。
常に表情が硬いのが玉に瑕でしょうか。

ともあれ今回のホテルのオーナーさん一家もオーストリア人でして、
だからこそ夜遅くにでも晩飯にありつく事ができた訳です。
イタリア圏内のホテルだったらこれはほぼあり得ないでしょう。(笑

はい。
12時には夕飯を終え、店長はいよいよ明日への準備。
板にワックスを塗って臨戦態勢を整えます。

1時就寝。
ドキドキして眠れない。

1時半。
ドキドキして眠れない。

2時。
ドキドキドキドキして眠れない。

2時半。
喉が渇いて一旦起床。

3時半。
多分このあたりで就寝。

7時。
起床して、今回帯同の愛犬を散歩へ。

7時半。
友人2人と朝飯へ。

眠っ!

そんなことで体調最悪です。w
8時には支度を終えて↓出発。

準備.jpg

9時にはスキー場に到着し、
スキースクールで試合の詳細を尋ねました。
曰く、山頂のスタート地点にテントがあるから、
そこで参加申し込みをしてくれとのこと。
なのでリフト券を買ってゴンドラに乗って↓山頂へ。

ゴンドラ.jpg

途中完全に雲に視界を遮られましたが、
山頂に到着するとこの絶景↓。

山頂1.jpg

雲の平原↓とでも申しましょうか・・・・。

山頂2.jpg

神秘的なることこの上なしでございます。

山頂3.jpg

さて無事に山頂に到着致しました。
テントも発見致しまして大会役員も発見。
わざわざ日本人が大会に参戦しに来たということで、
役員達も大盛り上がりでございます。

ここで手続きを終えたのが11時。
大会開始が13時30分。
ゼッケン配布が12時30分。

1時間半の有余があるとのことで、
友人2名とテンション高く白銀の世界へと飛び出た訳ですが・・・・。

1時間後には先ほどの雲がみるみる上昇してきやがりまして、
あたり一面霧だらけで1m先を見るのがやっとの状態。

あわや男3人で遭難しかけ、
命辛々大会本部へのテントへと非難。

この時点で12時。
さっきまで異常にテンションが高かった役員に問いました。

大会・・・・・やるよね!?

・・・・・・・やってくれるよね!?

残念だけど、多分無理だよジャパニーズサムライ。

自然には勝てないか・・・。

君の滑りを僕も見てみたかったんだけどね・・・・。

ということで残念無念の大会中止。
まぁしかしこればっかりは誰が悪い訳でもないんでねぇ・・・。

で、問題はこれからですよ。
この山頂から麓までは10km以上あります。
それをこれから滑って降りなければなりません。

命が・・・危ない・・・・・。

ということでとりあえず休憩。

休憩.jpg

小粋な椅子を見つけて写真撮影。(笑

椅子.jpg

2時間近くこの山小屋で待機しましたかね。
若干霧が晴れたところで3人、意を決して下山。
あわや遭難の危機を300回くらい乗り越えて下山。

5km地点以下は若干霧も薄くなりまして、
最中に凍った滝を見つけて思わず写真撮影。

滝.jpg

駐車場に到着したのが3時頃でしたかね。
濃霧の中の滑走にヘロヘロMAXの3人はそのまま帰路へ。

リフト券代返してくれ・・・・。

ホテル到着は4時頃でしたか。
とりあえずフィオ様の散歩を致しまして、
夕飯までの3時間、3人+1匹は爆睡。

それはそれは美味な夕飯を食べ終えたのが8時。
シャワーを浴びて車で外出したのが9時。
向かった先はビリヤードです。
あまりにスキーが不完全燃焼だったがために、
そのあまった情熱の矛先をビリヤードに向けてみました。

以下ビリヤードの写真を数枚。

ビリ1.jpg

ビリ2.jpg

ビリ3.jpg

遊んで、笑ってホテル帰還は12時頃でしたかね。
そのままベッドでバタンキュウ。

翌日朝7時半。
まだ太陽は出ていませんが明らかに晴れるであろう山の風景。

朝焼け.jpg

で、見事に晴れました。(涙

晴れた.jpg

・・・・なんでこの天気が昨日じゃないんだ_| ̄|○

ということで本日は完全なるレジャースキー。
天気を恨んで微妙な表情の店長。

苦笑い.jpg

はい、気持ちを切り替えて、
一緒に行った士郎君と、

士郎.jpg

ダビデ君と、

ダビデ.jpg

EUアルプスをむさぼる。

満喫1.jpg

満喫2.jpg

満喫3.jpg

士郎氏は12年ぶりのスキーということで、
この日は彼の専任コーチに従事。

コーチ.jpg

でもちょっと間違うと雪上でカツアゲしてるみたいです。(笑

かつあげ.jpg

で、やっぱり自分のトレーニングもしちゃう店長。

・・・・・楽しい。w

2時頃にはドイツ圏名物ソーセージステーキを頂き、

サルスィッチァ.jpg

ウェイトレスのコスプレドイツ人を盗撮。

コスプレ.jpg

4時にはスキーを終え、
5時にはホテルに帰還し、
6時にはミラノに向けて出発して、
10時にはミラノに到着。
11時半までお疲れさん会を行って、
12時半には爆睡。

・・・これじゃ会社サボってスキー行っただけの報告ですね。(涙
試合に出場して、EUスキー界に殴り込むことで会社を休む価値があるはずなのに、
ワーキャー楽しくスキーしただけの日記になってしまって残念です。

柳澤宝石店スキークラブの名前を宣伝することもできませんでした。
前回同様このチーム名での参戦を目論んでいたので、
これじゃあ従業員にも申し訳が立ちません。
社長1人会社休んで楽しんじゃって本当に申し訳ない。
この居た堪れない気持ちをどう整理していいのか分かりませんが・・・・

3月にも多分行きます。(爆笑

次は無事に晴れることを祈りましょう。
ではではごきげんよぉ~♪

「イタリアの天候を味方にできなかった店長の苦悩」への2件のフィードバック

  1. はじめまして! 私もミラノ在住です。
    そして、私も日本の大学でスキーの同好会に入っていました。
    店長の倍近くの年齢ですが(イタリア在住21年・・・)昨シーズンからスキーレースにカムバック! GSのレースに出ています。
    先週ポール練習中に結構ひどい転倒をして、今週はスキーに行かずじまいで終わりそう・・・
    イタリアで大会に出るための情報必要でしたら、連絡下さい。

  2. >sciatrice gipponese様
    なんとなんと!
    私以外にもイタリア在住アルペンスキーヤーがいるとは!
    ということで大変に驚いておりますが、
    大変に嬉しくて非常に興奮しております。ww
    練習で転倒されてしまったようですが、大丈夫でしょうか!?
    というかポール練習できる環境に身を置かれているということは、
    イタリア国内のチームに所属されてらっしゃるんでしょうか!?
    ちなみに店長は今月21日のMadesimoの週例レースに出場予定です。
    どこかの大会でばったり・・・なんてこともあり得そうですね!
    是非どこかでご一緒したいなぁ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です