イタリアで我が社の未来を考える -第2弾-


店長におはせられます。

ということで本日はまず告知から。
今年1月にリニューアルオープンをした我が店長日記でございますが、
リニューアルに際しまして一部記事の写真データが破損しておりました。

まだ全ての修正が終わってはおりませんが、
修正の完了した記事を以下に羅列しておきます。

写真見れねぇじゃねぇかよ、バーカ!
とか過去に思ったことのある方は是非ご参照下さいませ。

・イタリアで家財を買う(2006年07月18日UP)
・イタリア政府発行ビザの秘密(2007年05月07日UP)
・マクドナルドイタリア支社の戦略 Part.2(2007年05月22日UP)
・イタリア偉人列伝 第1回(2007年09月09日UP)
・危機的状況で国民性が明確になる瞬間(2007年10月09日)
・EU圏内でイタリアを脱出する -パリ編-(2007年11月03日UP)
・イタリアでダイレクトメールを送る Vo.2(2007年11月18日UP)

ちなみにこれ修復するのにかなり時間掛かりましたんで是非ご覧になって頂きたい。

ってか見ろ。

どんだけ苦労したと思ってんだよ、バーカ。

あ、あの店長二重人格なんでたまに壊れます。(汗
寛大な御心でお許しを。(笑

そんなことで本編を開始致しますが、
まずは前回のお浚いから。

前回は世の中の状況分析と、
その上での我が社の進むべき道を店長なりに綴りました。

簡単に言うと、
ジュエリーという商材を今まで以上に掘り下げて、
マニアックに販売、対応していきましょう、と。

さらにはバッグの取り扱いを始め、
ターゲット顧客の層を拡大していきましょう、と。
そういうことでした。

前回、取り扱い商材の拡大に関してはバッグにしか触れませんでしたが、
ベルトや、手袋といったアイテムの取り扱いも考えております。

それが達成されるのか否かは神のみぞ知るところですが、
世界に名の通るトータルファッションブランドの構築
を最終的な信長の 店長の野望としておる訳なんですね。

まぁ前回日記を要約するとそんなところでしょうか。
で、今日はブランドの構築に向けて歩み始めた我々の現況日記です。

はい。
で、繰り返しますが、我々が目指しているのはトータルファッションブランドです。
そうすることで顧客層の拡大を図ろうとしています。
詰まりジュエリーを主軸に商材の種類を拡大していかねばなりません。

ではジュエリーの次に着手するアイテムは何に絞るのか、という問題。
これも散々書いておりますが、我々の選択はバッグというアイテムでした。
現在店長がイタリアを基盤に生活していることを考えれば、
イタリアの物産品として名高いバッグを次なる商材として選んだのは、
至極当然の流れではないでしょうか

ということで商材は決まりました。
では次、どうしましょ!?

次は、値段、素材、デザイン性、最低ロット、最低金額、利権等々の全ての条件と、
さらには人間的な感性のピッタリ合うメーカーを探し当てねばなりません。

扱う新商材にオリジナリティーがなければブランドにはなり得ませんが、
自社にその新商材の生産機能を持たせるなんてのは甚だ不可能ですから、
当然そういった外注先を探し出すことが最優先事項になります。

そんなことで目から血を出すほどにイタリアバッグメーカーを虱潰しました。
で、先週ANCONA(アンコーナ)というイタリア中部の町に本拠を置くメーカーと出会い、
苦労の末にようやく仕入れという段階にまで至った訳なんですが、
とにかくこのメーカーとの出会いに辿り付くまで費やした歳月が2年ですよ、あーた!

恐らくこの2年で延べ2000社以上のバッグメーカーを見てきたと思います。
具体的な個数で言ったら恐らく5万点以上のバッグを見てきました。

ごまんて・・・・。w

東京ドームの客席が全部バッグで埋まりますね・・・・。ww

しかし本当にようやく肩の荷が降りた思いで恐悦至極。
ブランディングの肝は感性と物であることは間違いないと思いますので、
まずはいい物を作ってくれる、いいメーカーを見つけないことには始まりません。

ちなみにこのメーカーさん、
値段、素材、作り、デザイン、色、社長の人格と、全てが心底マーベラス。
しかも創業年数が浅いこともあってか、かなりフレキシブルな対応。

絶対離しません!
墓場まで付いてってやります!ww

今後も新規商材開拓の度にメーカーないし職人さんを探し当て、
開拓直後は少ないロットでトライ&エラーを繰り返し、
どうにか定期的に仕入れることで多少の我侭も聞いて頂きつつ、
仕入れ回数と共に仕入れロットを増やすことでオリジナル製品を作って頂く、と。

今回発注した商品は物が届いたらまたここでもご披露致したいと思いますが、
今のところは物がありませんので画像UPは乞うご期待ということで。

さて、次です。
これで新規開拓の商材とそれを発注するメーカーが決まりました。
という訳で次に決定すべきはブランドの名前とロゴでしょうか。

で、実は我が社が今後展開していくブランド名は結構前に決まっておりました。
それこそ店長が鼻汁垂らしてうつけ者として大学に通ってた頃ですから、
2000年には決まってたんじゃないでしょうか。

ブランドの名前はGIUBILARE(ジュビラーレ)と申します。

以後宜しくどうぞ。m(_ _)mペコリ

これ、意味はですね、イタリア語で『大聖年の』という形容詞です。
弊社がミラノへの小売展開を目論んだのが2000年のことでして、
ミレニアムってイタリア語でなんてーの!?って調べたところ、
語呂の良いこの単語に出会ってしまったんですね。
ですねって言うかその時私大学生なんで知りませんけど・・・・。w
ともあれ、

20世紀に培った伝統を忘れずに、
21世紀に羽ばたくブランド、ジュビラーレ

と、覚えて下さい。
今店長が即興で考えました。(笑

ちなみにこのジュビラーレ。
メーカー直販のブランド展開ということで、
これまでにもライトアップショッピングクラブ様とかロイヤルステージ様とか、
ラグジュアリー系の通販カタログにはその名前で何度も商品を提供しております。
ご自宅でそれらのカタログを取り寄せてらっしゃる方は要確認、要購買です。(笑
弊社の本社HPにその辺の事情が詳しく書いてありますので、
お時間が許す方はそちらもご参照下さい。

ふぅ~。

で、ようやく1番書きたかったロゴのお話ですが・・・・。
今日も長くなってしまったんでまた次回にしましょうか。(汗

次回第3弾です。
本日も長文拝読賜りましてありがとうございました。

「イタリアで我が社の未来を考える -第2弾-」への5件のフィードバック

  1. ジュエリーとバッグ、(ほんとは靴も、ですが)そこが揃って初めて女性としてのおしゃれ完成度高得点ですから、期待してます。
    薄給のため・・・・御社の商品が購入できるのか?という点では非常に心もとないのですが、ネットショップの店長としては本当に尊敬しております。
    バッグの写真も楽しみにしております。
    (ときどきでいいので、お店の商品の写真もチラ見せして下さると目の保養になりますです。)

  2. >うきうき屋のくぼた様
    そうですねぇー。
    靴も取り入れたいところなんですが、
    差し当たって店舗がWEB上にしかありませんから、
    なかなかサイズのある靴に手が出せずにいるんです。
    しかもミラノの店舗の真向かいには、
    世界的に有名な靴屋さんがありますので、
    そういう面でもなかなか進出が難しいんですよねぇ。
    しかしいつかは必ず靴も扱いたいと思っていますので、
    乞うご期待!です。
    ジュエリーの写真もそろそろ掲載したいところですね。
    イタリアミラノジュエリー店長日記  なのに、
    ジュエリーの話題をあんまり書いたことがないダメ店長です。wwww

  3. 初めまして!ブログ読ませて頂きました!
    面白かったです!これからも良いブログを書いていって下さい☆
    期待してます!
    良かったら自分のサイトにも遊びに来て下さいね☆

  4. >K様
    はじめまして。
    そして御拝読ありがとうございます。
    貴殿HP拝見致しました。
    とても知的で、興味深いサイトですね!
    私、大学を卒業してすぐにミラノに来てしまいましたので、
    実はあまりジュエリーの知識がなかったりします。(汗
    貴殿HPにて勉強させて頂きたいと思います。
    これからも御愛好宜しくお願いします。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です