イタリアでダイレクトメールを送る Vo.4

はいはい。
今宵も参りますか。

先日酩酊状態でWEB上を徘徊していた際に仕入れた情報によりますと、
日本は昔から、海外に比べて識字率が高く、
なんと江戸時代には既に70%を越えていたんだそうです。

日本人最強!

ということで本日も本編です。(謎

さて、本日は定期的にお届けしている弊社のDMの話題を。
過去折に触れて3回ほどお送りして参りましたが、

・イタリアでダイレクトメールを送る Vo.1(2007年06月01日UP)
・イタリアでダイレクトメールを送る Vo.2(2007年11月18日UP)
・イタリアでダイレクトメールを送る Vo.3(2008年11月25日UP)

今回は今年度の誕生月顧客へ向けたDM製作のお話です。

毎回浮世絵を題材にしたDMを製作しておる訳なんですが、
今年もその大枠は変わらず、こんなことにしてみました。

まずは背景となる浮世絵を決定。

大元1.jpg

この女性は何かを見ている風でしたので、
誕生日ケーキを埋め込んでみるのも面白いじゃないか、と。

大元2.jpg

しかしこの誕生日ケーキを視線の先に置くには、
縁側がちょいと狭過ぎましたのでまずはこれを広げる作業。

work1-1.jpg
change1-1.JPG

ケーキを置くスペースができましたので、
今度は浮世絵に紛れ込ませるべくケーキの影をなくす作業。

work2-1.jpg
change2-1.JPG 

それからケーキの色を背景にマッチさせるべく色調調整の思考錯誤。

工程2-2.jpg

工程2-3.jpg

工程2-4.jpg

色々と試した結果、この浮世絵には少しダークな色調がマッチすることが判明。

工程2-5.jpg
change3-1.JPG

細かく細かくこのケーキを切り取ってコピーし、
店長が勝手にこの日を誕生日としたイラストの女性にそっとプレゼント。

MIX-1.jpg
change4-1.JPG

HAPPY BIRTHDAYの文字を綴るスペースが足りなかったので、
勝手に障子を上に引き伸ばして格子を刳り貫いてやりました。

MIX-2.jpg
change5-1.JPG

字体も色々と検証してみましたが、
『ひげ文字』という筆字っぽいのがベストマッチということで採用。

MIX-3.jpg
change6-1.JPG

これに弊社からの挨拶文を掲載して完成。

ブログUP用.jpg

今年の千客万来は約束されたと思う方はコメント欄に挙手!

「イタリアでダイレクトメールを送る Vo.4」への4件のフィードバック

  1. はじめまして、です。
    ちょっとデザインのいい、そこそこの値段のジュエリーが欲しいと思い「ネットなら、イタリアから直送でかっちょいいデザインのものが売ってるんでね~の?」とフラフラと探しておりましたら、こちらにたどり着きました。
    ブログ、ちょーオモロすぎ!!
    関西弁も完璧!!!ブラボー!
    ブログも引き続き拝見させていただきますし、バックに続くジュエリーのネット販売の展開も楽しみにしております。
    そして、おせっかいを承知でカキコなのですが(←だって、関西のおかん全般の専売特許やし~)、店長さんのめまい・耳鳴りはメニエール病なのではないのでしょうか?
    忙しくストレスフルな生活を送っていると患ってしまうことの多い自律神経の病気です。
    ちなみに、うちの夫が発病3ヶ月なのですが、症状が似ているように思われます。
    オットノ ストレスノゲイインハ ワタシノコワサカシラ…
    新参者ですが、以後お見知りおきくださいませ。

  2. >浪速のおかん様
    初コメントありがとうございます。
    イタリア人はどうしても関西の方のノリに近い気がして、
    なんとなく訳してたり、心でツッコミを入れてたりすると、
    関西弁の方がしっくりくる気がするんですよね・・・・。
    関西の方には心外かもしれませんが・・・。wwwww
    それからメニエール病に関してですが、
    ネットでこの病気のことを目にしたことがあり、
    もしかしてそうなんじゃないかと思っています。
    結構難病だったりするようなので戦々恐々としています。
    旦那様は診断後、特別な診療とか受けていますか!?
    今後もブログのご愛好宜しくお願い致します。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です