それでも5分前行動ができないイタリア人

髪を伸ばし始めて4ヶ月が経ちました。
2004年以降こっちでもちょいちょい運動してたこともあって、
イタリアに渡ってからはずっとばっちり短髪だった私ですが、
この数ヶ月はサッカーもスキーもめっきりしておりませんし、
そいじゃあ5年ぶりくらいに髪でも伸ばしてみましょうか、と。

三十路前ということで日々育毛に余念がありませんから、
リーブ21もびっくりなハイペースで髪が伸びておりまして、
このままいくとあと2ヶ月くらいでジャニーズには入れそうです。

頭だけ。

(-益-。)

さて、そんなこんなで本編です。

現在28歳と3ヶ月の私ですが、
最近めっきり物欲がございません。

昔はもっと色んなものが欲しかったりしたはずですが、
最近は一番欲しいものが靴下とかいう有様。

ここ数年、心から欲しいと思った物に思い当たる節もなく、
金の掛からない安上がりな男として妻もベタ惚れ。(爆

そんな中、それでも強いて言うなればの話なんですが、
時計だけは折に触れて購入していきたいなと思う訳です。
同時に、お洒落な時計の似合う男であり続けたいなと思う訳です。

置き時計だと思ったそこのあなたは即退場。

現在3つの腕時計を所有しております。
1つ目は当時まだ彼女だった妻からのプレゼント。
2つ目は母からの誕生日プレゼント。
3つ目は結納のお返しに頂いた妻一家からのプレゼントです。

感受性の濃度を競う世界選手権第1回大会で優勝している私は、
頂いた直後は特に、日に数千回時計を見てはニヤニヤします。

現在所有する3つの時計は全て渡伊後に頂きましたので、
日替わりでその日会社に付けていく時計を選ぶ訳ですが、
毎朝、出勤前にその日の時計を装着してデレデレし、
会社に到着して時刻を確認してまたニタニタします。

そんな具合で日々時計を見ている私だからこそ、
ある時、ある衝撃の事実に気付いてしまいました。

店長の自宅から会社までは約3kmの道のりです。
毎朝、毎晩自転車で約15分程かけて行き来している訳ですが、
こんなにプレゼントされた時計を寵愛している私が、
自転車に跨っている時にはあまり時計を見ていない模様。

出勤の際、会社に到着して時計を見るとなんだか懐かしい感覚。
帰社の際、家に到着して時計を見てもやっぱり懐かしい感覚。

はて?

いくら私がケイリン選手並みの立ち漕ぎを展開しているからといって、
季節を問わず、毎朝会社には遅刻ギリギリな訳ですし、(爆
家では麗しの愛犬が殿の帰宅を待ち侘びている訳ですから、
時間を気にしていない訳がないのですよ、奥さん。

そんな不思議に気付いた26歳の初春。
思えば壮絶な遠距離恋愛の末に結婚を決意した26歳の初春。

そこで、好奇心が旺盛過ぎることが欠点とも言える私は、
前々からちょっとその数が多過ぎやしないかしらと思っていましたので、
先日、家から会社までの経路に設置された時計の数を数えてみた訳なんです。

すると、その数はなんと・・・・・・・。

時計.jpeg

・・・・・・いくら何でも多過ぎるやろ。w

3kmで26個ということは115mに1個が設置されている計算です。
恐らく密集地には50m程の間隔で設置されていました。

しかし、まさかこんな数になるとは思いもよらず、結構びっくりです。
と言うかこれを全部写真に収めた店長にもびっくりですが・・・。

この時計の撮影を終えた後、なんでこんなに時計が多いのか、
何人かのイタリア人に問うてみた訳なんですが、
曰く、怠惰なイタリア体質を改善するために、
ミラノ市役所が展開している政策なんだそうで・・・・・。

合掌。

追伸
ミラノにも桜が咲きました。

「それでも5分前行動ができないイタリア人」への2件のフィードバック

  1. 確かに多いですよね。
    でも皆あんまりその正確さには気を配っていないような。
    サマータイムになっても調整されていない時計も多かったような。。。
    それともミラノではそんなことないんでしょうか?

  2. >rachel様
    ん~、意外にミラノの時計達は正確だと思いますよ。
    サマータイムにもしっかり対応している気がします。
    当日にそのままになっちゃってるのは26個中1個あるかないかくらいですね。
    時計を見ても急ぐ習慣がないことが1番の問題であって、
    まずはその習慣を教育レベルで直さないとダメですよね。www

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です