イタリアの混ぜるな危険!

崖の上のポニョがイタリアでも劇場公開されたようです。
連日ラジオからイタリア語版の主題歌が流れまくっております。
歌詞は『ポニョ』の部分以外全部イタリア語です。

・・・・・・・・全然可愛いくねぇ。(-益-。)

ブルトパN.jpg

ブルートパーズ
ダイヤモンド
18金ホワイトゴールド
販売価格680ユーロ

アメN.jpg

アメジスト
サファイア
淡水パール
18金ホワイトゴールド
販売価格870ユーロ

サファN.jpg

サファイア
ルビー
南洋パール
18金イエローゴールド
販売価格950ユーロ

南洋.jpg

ブルートパーズ
エメラルド
アメジスト
ダイヤモンド
ルビー
南洋パール
18金ホワイトゴールド
販売価格1230ユーロ

いきなりであれなんですが、この↑商品達・・・・・全然売れません。
売れないどころかお客さんに興味を示されること自体が稀です。

店頭の目立つ場所に置いてみたり、セールに出してみたりもしました。
DM掲載商品に抜擢してみたりもしましたが、全然ダメです。(涙

原因はなんでしょうか!?

正解は、色が3色以上使われているからです。

写真1番はブルートパーズの青、
ダイヤモンドの白にホワイトゴールドの銀色で3色です。
この商品はしかし、ダイヤと金の色が主張していませんから、
まだお客様の目に留まる確率はまだ高い方でしょうか。

写真2番以降は1つの商品に3色以上使われてる上に、
各色が強く主張するような色使いなので全然気に入られません。(涙

特に写真4番の商品なんかは、恐らく1回も声が掛かったことがありません。
同色のモデル違いが売れたことがありますが、買ったのは台湾人でした。w

この販売分析を裏付けたのがこちら↓の試み。

3色同.jpg

ルビー
サファイア
ダイヤモンド
K18金ホワイトゴールド
販売価格730ユーロ

個人的には可愛い商品だと思うんですが、
この商品も全然気に入られることがありませんでしたので改作を決行。

3色別.jpg

3つのペンダントを各色ごとに分け、それぞれに鎖を通し、
独立した3つのネックレスにしてみました。

見事に売れました。

┏O)) アザ━━━━━━━ス!

こんな販売分析をしながら、私ふと思い出しました。
これまでに何回か書いたことがあるかもしれませんが、
学生時代、店長はイタリア料理屋でバイトしていました。

この店には渡り蟹のトマトクリームパスタというメニューがあり、
店長の死ぬ前に食べたい料理ベスト3に今だランクインしています。

1時間以上炒めた玉葱をホールトマトでじっくり4時間以上煮込んだトマトソースと、
魚介を4時間以上煮込んで作ったブイヨンを使った絶品料理です。

で、ある時、イタリア人をこの店に連れて行き、
この料理を食べさせてみたことがあります。
どんな評価を下すのかに非常に興味がありました。
生粋のイタリア人でさえこの1品には舌を巻くはずだ、と。

しかし、残念ながら彼の評価は10点満点中6点と厳しいものでした。
その理由は、味がごちゃごちゃしててダメだと。
This is not italian but italian だと。

現在イタリアに住んでみて、この料理をこう評した彼の意見が、
イタリア人全般の意見であることが良く分かります。
本場のイタリア料理ってもの凄く味がシンプルなんです。

イタリアで人気とされるイタリア料理のレストランでは、
シンプルでありながらしっかりと味が付いている料理が出されます。

要は料理もジュエリーも混ぜちゃダメ!なんです。

古きを愛す、閉鎖的なイタリアにおいてこれは鉄則です。
新しい物、別の要素、他の色、異国の文化等々、
を取り込んで、融合させ、進化させることは野暮なんです。

だからイタリア人は同時に2つの事をこなせません。w
聖徳太子なんて絶対ここでは生まれません。
オーダーや注文は1つずつゆっくりして下さい。
量の多い伝言は活字にしてあげて下さい。
乗り換えがある場合、切符は券売機で買って下さい。

はぁ~。

分かってたんです。
在伊5年になりますから、重々分かってたんです。
そんなこと百も承知だったんはずだったのに・・・・・。

最近はクソ忙しい毎日を送っておりまして、
連日帰宅は深夜だったりする訳なんです。
自分の仕事に集中したかったんです。
相手を思い遣る気持ちに欠けていたのかもしれません。

・保険会社への電話
・DMの準備
・顧客リストの整理
・お客様への電話
・ディスプレイの整頓

を、昨日イタリア人従業員に同時に頼んでしまいました。
激しくテンぱっておりました。
あたふたしておりました。
てんやわんやしておりました。

今日病欠しやがりました。

知恵熱的な!?

アホか、と。w
結局仕事増えちゃったくらいにしてね、
今日もまた帰宅は12時過ぎるじゃねぇか!?つって戦々恐々。

無駄に生きるな、熱く死ね!

ヽ(A`*)ノ≡ワーイワーイ

「イタリアの混ぜるな危険!」への2件のフィードバック

  1. えええええええ。そうなんですか?
    イタリア人の作る音楽(マンドリンオーケストラ用の曲)なんか複雑怪奇な音符の絡みかたなのに。
    1番は、お小遣いに余裕があったら即買いです。
    昨秋、ドルはダメだ、ユーロなら戻る力があるだろうとユーロ預金したんです・・・・今、マイナスです。
    ユーロ経済が復活して儲かったら買いますからねっっっ!

  2. >くぼた様
    そうですね・・・。
    残念ながらそうなんですねぇ・・・・。
    各方面、かなり単一的かと・・・・。
    でも確かに音楽や芸術は複雑ですよね。
    なんでなんでしょ!?w
    ユーロの復活は我が社の命運を左右しますし、
    くぼた様に弊社商品をご購入して頂くためにも、
    是非、せめて1ユーロ=150円くらいまでには回復して欲しいです。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です