イタリアで我が社の未来を創造する -Vo.2-

連日帰宅が深夜です。
弊社販売サイト内で使用する原稿の執筆に追われております。
先週なんかは10時半より前に帰宅した日がありませんでした。

そんな店長に愛犬様の怒りの沸点が振り切れ、
遂に嫌がらせでベッドにオシッコされました。

親として、一応キツク叱った訳なんですが、
怒られてションボリしている様がまた麗しい・・・・。

あぁ・・・・・悶々。(*´ェ`*)

さて、本日はバッグの話題です。
最近高頻度で綴っておりますが、
先日ついにモデルを使った本格的な写真撮影を行ってきました。
撮影に7時間、以上距離数十キロ、総撮影枚数400枚以上の末、
かなり雰囲気のある写真を準備できたと自負しております。
本日文章少な目のビジュアル日記ですがさっそくいきましょう。

タイトル:いないいないばぁ

黄色1.jpg

店長の通勤路にある教会の広場での撮影。
日々思いますが、このモニュメントのテーマが分かりません。w

タイトル:幸福の白猫

黄色2.jpg

猫がウロウロしたしてたので構図に含めてみました。
弊社プロデュースのバッグは猫持ち運び用にも使用可能です。(偽

タイトル:尻が冷たい

黄色3.jpg

大分春めいて来たとは言えまだ3月第1週でしたので、
大理石の上はさぞ冷たかったことでしょう。
モデルが痔になった場合は労災おりるんでしょうか!?w

タイトル:夕暮れで

黄色4.jpg

背景にいるじいさんが車に突っ込みそうに見えてで戦々恐々。ww
左脇に置かれたチャリンコが邪魔だったなぁ・・・・。

タイトル:ブレラ地区

黄色5.jpg

店長ジュエリーのあるブレラ地区での1枚。
こんなお洒落な地区にあるんですね、うちって。(爆

タイトル:もっと懸命に漕いで下さい。

赤1.jpg

これ、じいさんいなかったら結構いい写真なのになぁ・・・。
もっと早く漕げよ、ったく・・・。w

タイトル:自殺行為

赤2.jpg

横断歩道のど真ん中で撮影を決行しました。
いい構図だとは思いますがモデルの安否が気遣われます。

タイトル:ミラノの象徴

赤3.jpg

言わずもがな、ミラノの象徴におはせられまする大聖堂です。
やっぱり建築に500年以上掛かっただけあって、改めて・・・偉大ですね。

タイトル:おっさんのくせに・・・・

赤4.jpg

こうやって撮るとおっさんでもかっこ良く見えますね。
イタリア人の彫りの深さには勝てんのぉ~。

タイトル:雑誌的な!?

茶1.jpg

月曜に撮影したので周囲の店舗が閉まっているのが残念ですが、
素人が撮影した写真としてかなり秀逸な1枚かと思いますが何か文句でも!?w

タイトル:爆笑

茶2.jpg

いい笑顔です、バレンティーナさん(モデル)。
しかし後ろの店は一体何屋さんなんでしょうか!?w

タイトル:嘘付けっ!

茶3.jpg

電話ボックスを使ったナイス1枚。
携帯持ってない訳はないんでけどね・・・・。
うしろのおばちゃんの旅行カバンが派手過ぎますね。

タイトル:猫再来

茶4.jpg

ようやくカメラ目線をくれました。
後ろのじいさんが邪魔だぁ・・・・・。

タイトル:デジタル処理じゃないですよ

緑1.jpg

モデルと大聖堂に日が降り注ぎ、
他は全て影に入るという絶妙のポイントを発見。
決してフォトショップで加工した訳じゃあございません。

タイトル:弾ける笑顔

緑2.jpg

太陽って偉大ですね・・・・。
後ろがミニクーパーじゃなくてフェラーリだったら良かったのに。

タイトル:子供は家に帰って勉強しなさい

緑3.jpg

後ろの子供達(推定中学生)が邪魔ですね。
リュックの柄がイギリスだし・・・・。

タイトル:プロ的な!?

緑4.jpg

イタリアっぽさ、モデルの表情、バッグの映り具合・・・・満点!

タイトル:イタリアセレブの休日

緑5.jpg

こんな建物に住んでる人がいるのが驚きです。

タイトル:おもちゃ屋さん

黄色夜4.jpg

どうでもいいけどピノキオがデカ過ぎて不気味です。

タイトル:忘れ物

黄色夜3.jpg

・・・・・・・ぽっつ~ん。

タイトル:郵便局

黄色夜2.jpg

後ろの建物はミラノ中央郵便局です。
郵便局がこれってどんだけお洒落やねん、と。
仕事がいい加減なのか玉に瑕だらけですが・・・・。

タイトル:最後はやっぱり

茶夜1.jpg

夜のここでは何したって素晴らしい写真になりますね。w

タイトル:最後の最後もやっぱり

黄色夜1.jpg

若干ピントがズレましたが、人がいないこっちの方が素敵です。

現在これを使用してプロモーションページを作成しております。
ページが出来上がったらもちろんここでもご紹介致しますが、
いよいよかと思うと日々心筋梗塞状態で夜も眠れません。
あぁ~ドキドキするぅ~。

ってか写真全部UPするのに2時間くらい掛かりましたんで、
画像はPCが炎上するほどの熱い視線でご覧下さい。
ほら、早く戻って。

「イタリアで我が社の未来を創造する -Vo.2-」への2件のフィードバック

  1. >くぼた様
    ┏O)) アザ━━━━━━━ス!
    ちなみにこのモデル様、
    モデルとしては素人です。
    モデルとしてスカウトはしましたが、
    本職のモデルさんではありません。
    なのにこの笑顔。
    やはりイタリア人のポテンシャルは侮れません。wwwwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です