滞在許可証から見るミラノ生活の余命

本日長文にてさっそく。


先日、ようやく滞在許可証の更新が終わりました。
今回の更新では1年も待たされた挙句の発給でしたから、
そりゃもう手にした時には嬉し過ぎて警察なんて皆死ねばいいのに・・・。

(*´エ`*)

そんなことで今回の更新手続きをしたのは昨年5月5日のこと。
その後、手続きから334日経ったの本年4月5日になってようやく出頭命令が下り、
本来4月30日に地区警察へ出頭しなければならなかった私ですが、
日本滞在を挟みましたのでミラノ帰還翌日の5月14日にドキドキの出頭。

出頭命令日過ぎてるから更新しねぇとか言われたらどうしようかと・・・・。

で、てっきりこの日に引渡しなんだと思ってた私ですが、
結局この日はデジタル指紋採取だけして終了。

それからさらに半月経った6月1日の月曜日、
申請日から数えて実に417日後の奇跡ということになりますが、
ようやく、ようやく現物が私の手元にやって参りました。

☆イエーイ(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ☆

はい。
で、前回までの滞在許可証がこちら。

1昔.jpeg

はいそうです。
ただの紙切れです。
苦労して手に入れてもこんな陳腐な感じだったんです。
そいででも今回手にしたのがこちら。

2ペルメッソ.jpeg

遂にイタリアもデジタル社会をこれ見よがし!www
先進国なんだから当然でしょ!?的な。www

うぜっ。(笑

あ、ちなみに画像だと実寸が分からないかもしれませんが、
要するにクレジットカードと同じサイズ、同じ材質です。

そいで裏面に至ってはICチップとか付いちゃったくらいにして、
上部の黒く見える部分にはメタリックの透かしなんかも入ってます。

3裏側.jpeg

ただやっぱりイタリアだなと思うのがこれです。

4サイン抜け.jpeg

サインがちゃんと印字されてねぇ!wwww
いくらデジタルを主張して先進国の仲間入りを気取ってもこれです。wwwww

ちなみにこの滞在許可証はこんな感じで渡され、

5文書表.jpeg

この書類には、併せて渡されたパスワードの説明が書かれています。
裏面には英語とフランス語とスペイン語で同内容の説明。

6文書裏.jpeg

ほいで併せて渡れたパスワード入りの封筒がこんなんで、

7封筒.jpeg

中には盗難時用等に割り当てられたパスワードが入っていました。

8パスワード.jpeg

我々外国人にとってこの書類は命と同等ですから、
何はともあれめでたしめでしたしです。

で、今回のこの更新によって、
遂にイタリアからの本帰国の日程が具体的になってきました。
ってか本帰国の日程どころか人生設計まで具体的になってきちゃいました。

今回更新を無事に終えたことで、
次回の更新は2011年4月7日です。

9スカデンザ.jpeg

私が初めて労働滞在許可証を取得したのは2005年でして、
許可証の更新には所得税の納税が義務付けられていますから、
2011年まで納税を続けると丸6年間この国に納税したことになります。

で、6年間アホ高い税金をアホイタリア共和国に納め続けると、
Carta di Soggiorno(カルタ ディ ソジョルノ)という許可証の申請権利を得ます。

滞在許可証の更新は最長でも3年毎ですが、
この許可証になるとパスポートの期限切れに合わせての更新ですから、
10年有効のパスポート取得に合わせてこの許可証を取得すれば、
要するに10年毎の申請でOKということなんです。

いずれ本社代表取締役社長にならねばならぬ私は、
詰まるところいずれ日本に帰国しなければならない訳ですが、
私の帰国は、弊社のイタリアでの展開の終焉と同意ではありません。

詰まりは後任を育てなけばならないとなりませんし、
彼女達が育つまでにはもっと足場を固めなければなりません。
帰国した後でもミラノには年に数回戻る必要があると思っています。
ということは、どう考えてもこの書類は取ってから帰った方が良いだろう、と。

2011年にその申請権利が貰えるということは、
恐らくまた手にするまでに1年くらいは掛かるでしょうから、
これを手にしてから帰国するということになると、帰国は2012年です。
2012年に帰国することを考えると、人生年表はこう↓。

2010年4月  新婚生活

6年間離れ離れだった妻がミラノにやってきます。
1人で始めたミラノ生活が一気に2人と2匹です。

2011年4月 申請手続

Carta di Soggiornoの申請をします。
最後の申請に感慨もひとしおなはずです。
多分泣きます。w

2011年12月 三位一体

現店舗、ようやく始まったバッグビジネス、これから始める卸展開、
この三本柱をこの年の年末までにガッチリ固めておきます。
それが叶わなかったら大聖堂から飛び降ります。(爆

2012年4月  書類獲得

Carta di Soggiornoをこの辺で取得できるはずです。
できなかったら第3次世界大戦です。

2012年8月  最終就労

この年の上半期最終営業日が8月4日になりそうですから、
この日を最後に私はミラノを去ることになりそうです。
営業最終日は従業員と手に手を取って号泣必至です。w

2012年8月~12月  世界旅行

4ヶ月間で世界中のジュエリーフェアーを妻と巡り、
これからの世界商戦を考えながら帰国したいと思います。
要するに体の良い人生の夏休みです。(汗

2012年9月~12月 期間限定

イタリアミラノジュエリー店長夏休み日記開始
世界旅行中もブログはUPしますよ。ww

2013年1月  代表権限

株式会社柳澤商会代表取締役社長に就任します。
いよいよ4代目がやりたい放題です。

2013年2月 新装開店

ブログタイトルを日本東京代表取締役社長日記にでも変更して、
引き続き私の人生のドタバタ劇場でも綴りましょう。
ネーミングセンスがしかし0点。w

2013年11月  東京支社

営業所でも支社でも本社でも名称は何でもいいんですが、
やはりアクティビティーは東京に移すべきと思いますので、
山梨、東京、ミラノという前代未聞のトライアングルを形成します。
明らかに山梨が見劣りしますがその辺はスルーです、皆さん。w

2013年12月 長男誕生

やはり日本で産んで欲しいのでこの辺になってくるかと。
妻よ、宜しく頼みます。w

2014年4月 東京謀略

東京支社設立と共に小売店出展計画も同時に進めたとして、
小売店開店は時間が掛かるでしょうからこの辺でどうでしょう。
ミラノに続く弊社の路面店2号ということになります。
開店当日にはテープカットしながら苦労を回想して泣きます。w

2016年4月  独立採算

東京の小売店の独立採算は2年で合って欲しいなって・・・・。
いや、必ずや合わせてみせましょう!
合わなかったら新東京タワーから飛び降ります。

2016年10月 長女誕生

長男誕生から3年経ってますのでこの辺がいいかな、と。
妻よ、再び頼みます。w

2022年9月 第三号店

パリかロンドンかバルセロナか・・・。
その時の景気もあるでしょうから場所はまだあれですが、
3つ目の路面店をEUのどこかに出展できたら楽しそうです。
しかし私はミラノで懲り懲りなので住みません。w

2025年9月 独立採算

海外であることを考慮すると3年で独立採算になればいいかな、と。
合わなかったらエッフェルかサグラダファミリアかビッグベンからダイブです。

2028年7月 米国謀略

我々夫婦48歳、長男15歳、長女12歳で渡米。
私の人生の目標であるN.Yでのブランド展開開始です。
命をかけます。

2028年9月 新装開店

いよいよN.Y店スタートということで、
テープカットの際にはもう鼻水まで垂らして号泣します。

2028年10月 新装開店

2006年にこのブログが開設になってますから、
22年後のことということでまだネタがあるのが不安ですが、
アメリカニューヨークメガブランド社長日記とかでいいですか?w

2030年9月 独立採算

これまでの人生経験を生かして2年でN.Y店の独立採算を達成させます。
もしできなかったら自由の女神から飛び降ります。wwww

2040年 引退宣言

店長60歳、息子25歳で私は引退します。
波乱万丈人生でしたが我が人生に一片の悔いなし!(>Д<)ゝ”

・・・・・妄想癖が過ぎますね、私。wwwww

ということでもう途中から妄想大爆発。
たかが滞在許可証が更新できただけで引退まで辿り着いちゃいました。wwww

ともあれ。
少なくとも2013年の長男出産くらいまでは実現させないとなりません。
そこまでの計画は実現可能だと思っていますし、
むしろ実現させないと未来がないと思っていますので、
大聖堂の舞台から飛び降りるつもりで精進していきたいと思います。

さぁ明日から伝説の幕開けです。

「滞在許可証から見るミラノ生活の余命」への2件のフィードバック

  1. ブラボー!名計画です。
    そこまでハッキリしていれば、後は行動のみですねっっ
    我が社にもそういう計画があって、会社案内に100周年まで明記しちゃってます(現在63年目)。少なくとも10年くらいの計画は実行あるのみですね。
    東京店開店の折りには絶対駆けつけますから!(ちなみにウチの地元ですからスカイツリー。飛び降りの出来ない構造ですからね。)
    3号店開店の時には1番乗りで今のユーロ貯金を使いますから!(でも一番行きたい都市はヴェネツィアなんですが…バルセローナも魅惑的かな。)

  2. >くぼた様
    そうですねー。
    実行あるのみですねー。
    自分で書いたのにあれですが、
    なんか逆にプレッシャーですねー。www
    でもこの計画、結構本気です。
    というか弊社を発展させていこうと思うと、
    必然的にこうなると思いますので、
    逆に言えばこうなっていかないのであれば、
    社会的にそんなに必要とされていないということであり・・・。
    そうなったらやはりスカイツリーからダイブです。
    (その頃に東京タワーがないことに気付いていませんでした。笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です