イタリアで我が社の未来を創造する -Vo.8- +α

本日長文に付き冒頭割愛失敬。

ミラノに移り住んで5年半になります。
この5年半、ずっと週休1日でした。
移住当初は殆どの日曜日も出社しておりましたし、
今でも12月に至っては24日まで24連勤です。
加えてイタリアには祝日がそんなにありません。

夏休みが1ヶ月近くあることと、
暮&正月が2週間近く休みであることを考えても、
年間に休みは80日程度しかありませんでした。
恐らく最も働いた3年目の2006年に至っては、
年間の休日は70日もなかったかもしれません。

可哀想、俺。

ということで、毎週火曜日は休ませて頂くことにしました。
バッグビジネスの本格化を見据えて、
今年1月から従業員を1名補充済みですので、
その増員の恩恵を受けての週休2日制です。

イタリアの「店」は、飲食店以外の閉店時間が非常に早く、
日曜日は宗教的に休まなければならない1日ですので、
月~土まで仕事をしていると何も出来ませんし、何も買えません。

可哀相、俺。

スーパーも8時半に閉まりますからいつだって駆け込みです。
それで毎回何かしらを買い忘れてイラっとしたりします。

馬鹿野郎、俺。

ですから「イタリアに住んでいる」という表現は自分的には不正解で、
「イタリアには働きに来ている」もしくは「イタリアに軟禁されている」が正解でした。

これでは妻がやって来ても週に1日しか構ってあげられない上に、
日曜日の共和国なんかはゴーストタウンと同意ですから、
どこかに一緒に行き、何かを説明してあげたり、
もしくは共感したり、共有したりしてあげることは難儀な可能性が高く、
はるばるミラノまでやって来る妻に随分とぞんざいな扱いを強いることなります。

可哀想、妻。

そういった事情も考慮して、思い切りました。
「後ろめたい」という感情と随分長いこと格闘しましたが、
この度、2009年ベストバウト確定のこの戦いに辛勝しましたので、
これでようやく真っ当な「人」としての生活が送れるのではと期待は高まります。

霊長類、俺。

こなすべき書類仕事が山積みでしたので、
結局午前中は出勤してしまった気弱なわたくしですが、
火曜日休みの初日となった先日8日午後には電気屋へ。

かれこれ数年前、発表と同時に話題を独占し、
そのサイバーな容姿でわたくしの心を鷲掴みにしたダイソンの掃除機。
吸引力の変わらないただ一つの掃除機。でお馴染みの掃除機。
買ってしまいました。(*´エ`*)

DC23.jpg

現在9月の激務と平行して引越しにも取り組んでおります。
現物件には何故か掃除機が備え付けでしたが、
引越し先の物件には当然掃除機は含まれません。

ここで買わなきゃ男じゃねぇ!故郷に錦を!

という訳の分からない自己催眠を己に浴びせ、
火曜日が休日になった開放感も上乗せした結果、
悩みはしましたが日本円にして約4万円の散財。

イタくないと言えば嘘になる。(ノД`)

帰宅後、核ミサイルの発射ボタンを押すアメリカ大統領と同じ気持ちで、
数年越しの夢であったダイソンの掃除機DC23のボタンを押してみたところ、
その吸引力はやはり聞きしに勝り、潔癖症の気があるわたくしの宝物に決定。

ベッドから掃除機を眺め、ニヤつきながら眠る危ない28歳です。

イギリス製商品ということでやはり日本で買うよりはお安く、
こういう特権はやはりこの場でも見せびらかしていこうと思います。(爆

翌日以降、ダイソンに陰気まで吸い取られて晴れやかなわたしくは、
8月の残務、DM校正、従業員指導、経理会議、愛犬指導等々の職務に邁進。

犬最高(*´д`*)

来週14日月曜日にはイタリアのジュエリーフェアーを初めて視察します。
その際、せっかく行くのにただ視察するだけでは勿体無いとの結論で、
デザイナーをせっついで大至急作って貰った弊社DMがこちら。

Ring%20Barrette.jpg

今回の初めての視察でこれを出展業者に配るチャンスがあるのか否かは不明ですが、
できれば10社、欲を言えば20社、願わくば30社と、できる限りにばら撒いて、
イタリアにおける真珠の卸売り屋としての地位も確立したいと思っています。

やり手ですね、わたし。(爆

このDMと平行してわたくし自身はここ最近、
秋冬コレクションのバッグDM制作に従事しておりました。

考えられる限りの処置を施し過ぎた結果、まずできたのがこちら。

秋冬1.jpg

サイバー過ぎるので却下。(泣
では、色を変えてみたらどうかということでの2作目がこちら。

秋冬2.jpg

全然サイバー感が拭えていないので却下。
では、光度と彩度を落としてみたらどうかということでの3作目がこちら。

秋冬3.jpg

惜しいところまではきてるけど・・・・。
では、バッグの外枠から放たれる光をなくしてみてはどうかの4作目。

秋冬4.jpg

これくらいが落ち着いた感じで良いですね。
ではこのテイストで色を変えてみましょうということでの5作目。

秋冬5.jpg

なくはないですね。
さらに色を変えてみましょうということでの6作目。

秋冬.jpg

これですね。
これでいきましょう。
という訳で明日は印刷屋です。

ふぅ~。
今日も長くなってしまいましたので、
最後までお付き合い頂いた方にはなんと!
南アフリカ産1.5ctのダイアモンド風ガラスを。(爆

≧∇≦

3時過ぎてるんで寝ます。w

「イタリアで我が社の未来を創造する -Vo.8- +α」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です