EU格安航空券の謎

ボツワナ共和国の独立記念日、9月30日です。

ヽ(A`*)ノ≡

引っ越しが終わったので忙しさも落ち着くかと思われましたが、
なんだか引き続き忙しい日々を送っておりまして、
帰宅後は夕飯を貪ったらソファーで寝てしまう毎日です。

毛乳頭というのは午前2から3時の間に最も活性化するそうで、
その時間帯に頭皮が綺麗になっていないとハゲの原因となるそうです。

ですから、朝シャワーを浴びても時既に遅く、
このまま何の対策も講じずに時の経過を眺めてしまえば、
イタリアミラノジュエリーハゲ店長日記と、タイトル変更も余儀なくされ、
妻には愛想をつかされ、フィオにも見向きもされなくなり、
反動でやけ食いに走り、デブハゲと近所の子供達にも罵られ、
自信を喪失した挙句に接客もできなくなって職を失い・・・・・。

忙し過ぎてネガティブです。

明日から頑張ります。

はい、では本題。

来週末の10月10日(土)に日本から友人がやって来ます。
月末の10月24日(土)には日本から後輩がやって来ます。
来月、11月13日(金)には日本から妻がやって来ます。
来年の2月と3月にも後輩と友人が遊びに来る予定です。
ということで怒涛の来客ラッシュです。

10月、11月というのはクリスマス前ですから、
ジュエリー業界にとっては閑散期と言って間違いなく、
私が毎日店頭にへばり付いていることもないのです。

ですから上記の3名とは、それぞれと旅行に行くことにしました。
最初の友人とはストックホルムとコペンハーゲンを巡る3泊4日の旅。
次にやって来る後輩とはケルン大聖堂を見に2泊3日のドイツ旅行(仮)。
最後にやって来る妻とはワッフルを食べにブリュッセルへ2泊3日のベルギー旅行。

仕事しろ、俺。(汗

ま、まぁクリスマス頑張りますんで勘弁して下さい。w
それでその、今日はこれらの旅でも利用するEUの航空会社に関してです。
要するに前回に引き続きEU有名企業の解剖日記ですね。

昨年、結婚式で流すサプライズビデオ↓撮影に際して、

パリ、ロンドン、アテネ、バルセロナ、キンデルダイクと回った訳ですが、
その際にもeasy jetとryan airという航空会社を利用しました。

この2社、とにかく料金が格安です。
プロモーションチケットだったりすると、
ミラノからロンドンまで500円で行けたりします。

・・・・・・・500円って。

うまい棒だったら50本も買えますけど、
カップヌードルだったら3つしか買えませんし、
煙草だったら1箱しか買えません。

新宿から中央線に乗ったら八王子までしか行けません。
高尾まで行っちゃうと540円ですから予算オーバーです。
つかローカルですいません。w

そんな500円でミラノからロンドンですよ!?

あり得へん。(ノД`)

この10月、11月で回る国へのチケットはそこ迄の激安ではありませんが、
それでも表にしてみるとこんなん↓ですよ。

ミラノ-ストックホルム 60ユーロ(イージージェット)
コペンハーゲン-ミラノ 40ユーロ (イージージェット)
ミラノ-デュッセルドルフ 25ユーロ (イージージェット)
デュッセルドルフ-ミラノ 32ユーロ (ライアンエアー)
ミラノ-ブリュッセル 30ユーロ (ライアンエアー)
ブリュッセル-ミラノ 33ユーロ (ライアンエアー)

まったくもって素晴らしい。
去年イタリア以外にEUを5カ国回りました。
今年もこの2ヶ月で4カ国に行けることになりましたから、
これでイタリアも含めると欧州10カ国制覇ということになります。
あ、スイスにも行ったことあるので11カ国制覇ですね。

その他、アイルランド、ノルウェー、フィンランド、チェコ、ポーランド、
クロアチア、スロベニア、オーストリア、ルクセンブルク、モナコ、
ポルトガル、ハンガリー、リヒテンシュタインの13カ国には行こう思ってます。

あ゙ー楽し。(๑→‿ฺ←๑)

はい、そいでね、肝心の安さの秘密なんですが、
これがね、知れば知るほど凄いんですよ。
以下箇条書きで綴るとその項目は延々です。

・販売代理店はなく、全てネットか電話での予約
 
まぁ、これは我々ネット世代には問題ないですね。

・預け荷物、保険、優先搭乗は別途

要するに保険を掛けずに、手荷物1つで乗って、
順番待ちも厭わないのであれば格安は保持できます。
ちなみに航空券購入の際、預け荷物を予約しなかった場合、
荷物を預ける料金がなんと2倍という暴利です。
ってまぁオプション全部付けても5000円とかですけどね・・・。w

・大都市のメイン空港は使用せず、サブ空港を利用
  
スペイン・バルセロナから50キロ以上離れたジローナ空港を、
バルセロナ・ジローナ空港と称して利用してたりします。
これ、結構クレームが多いようで、オランダでは訴訟になりました。
気を付けないと空港から目的地までの電車代のが高かったりします。www

・座席は超エコノミー

1台の飛行機になるべく多くの乗客を乗せるために、
この2社の機内は席の幅を極限まで狭くしてあります。
隣にドイツ人のおデブさんとか座ったらもう地獄ですよ。
ちなみにビジネスとかファーストクラスもありません。

・機内食、飲み物類は有料

この2社においては逐一のサービスが有料です。
押し売られるよりよっぽどましだとは思いますが、
水1杯すら出てこないと、EUではあまり評判が宜しくありません。
なんでもかんでも逐一のサービスが有料なことを揶揄され、
そのうちトイレまで有料になるなんて噂があるくらいです。wwww

・エンターテイメントは一切なし

新聞、雑誌、音楽、映像のサービスは一切ありません。
この2社利用の際はipodとかPSPとかゲームボーイとか必須です。

・空港停泊は僅かに1時間

着陸から次の目的地への離陸までをなんと1時間で行うそうです。
機内では、着陸から20分で乗客を追い出し、10分で清掃し、
25分で乗客を詰め込んで即出発という荒業を行使する間、
整備士達は1時間で機材を点検し、給油までを終えなければならないそうです。

あ、あの・・・・超不安なんですけど!?wwww

こうすることで空港使用料を抑えられるので、
それがそのままチケット代に反映できる、と。

しかしこの制限の余波は少なくなく、
登場前のパスポートコントロールはかなり適当ですし、
離陸前のライフジャケット云々の説明も相当いい加減です。

テロリスト国外に逃げ放題!!!ww

機内清掃もかなりいい加減で。
前の乗客のゲロが残ってたなんて逸話もあります。

まぁこの辺は安いんで仕方がない部分もあると思いますが、
安全面を粗末にされるのはちょっと怖いですよねぇ・・・。

・CAとパイロットを酷使する

これね・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です