徒然なるままにミラノ暮らし

10月になりました。
9月は忙しかったので割と長かった印象ですが、
気が付けば2009年もそろそろ年末です。

2010年、わたくしは30歳を迎えます。
いよいよ世間で言うところの三十路です。

小さい頃、「三十路になる」という表現を聞いて、
その漢字を、三十路ではなく、味噌爺だと真剣に信じていた時期があります。

味噌のように味わい深い爺さん(=大人)になるという意味だと思っていて、
でも俺は味噌って呼ばれるのはちょっと嫌だなと思っていました。

我ながら

  少年時代

     いと可愛い  (字余り

なんだか良く分かりませんが今日も店長日記、始めます。w

今日は徒然です。

1)家は自力で

イタリアでは壁の塗り直しとか、
鍵の取り付けとか、洗濯機の搬入とか、
シャワーのノズルの交換とか、水道管の交換とか、
そういう家の大工的仕事を、結構自力でやっちゃいます。

ちょっと雰囲気が分かり辛いかもしれませんが、
こんな店が町のそこかしこにありまして、
P220909_11.25.JPG
本当に何でも売ってたりするんです。

事実、私は洗濯機を知り合いから安く仕入れましたので、
自分で搬入し、この店で新しい排水管を購入し、
排水溝への接続を自分でこなしてしまいました。

前々回かなんかの日記で書きましたが、
郵便受けの鍵も交換する必要がありましたので、
この日は交換前の鍵を↑の店に持って行って、
おっちゃんに同じタイプを探して貰って自力で装着。

P220909_11.55.JPG

イタリアの男子は結構こういう仕事をさらっと出来たりします。
その辺は尊敬に値するなということでわたくしも努力し、
最終的には俺のがいい男だということを分からせてから帰国します。(謎

2)飯は和食で

ミラノにやって来た2004年から現在に至るまで、
住居はずっとナビリオと呼ばれる運河地区にあります。
最近引越しはしましたが生活圏は一切変わっておりません。

この5年半毎日出勤し、帰宅していた道でした。
なんで今まで気付かなかったのでしょう!?
いつもその店付近に差し掛かると絶世の美女でもいたんでしょうか!?
こんなものを5年半も見逃し続けていた自分に腹が立ちます。
イタリアでも売っていました。

IMG_3306.JPG

中国製のばったもんですけどね。w

3)世界は広いので

前回から書いておりますように、
来週から来客ラッシュでして、
その来客とはイタリア国外に旅に出ます。
1ヶ月で4カ国も行けちゃいます。

で、果たしてわたくしは28年と9ヶ月の人生で、
何ヶ国に訪問した経験を持つのだろうか!?と。

ふと疑問に思いましたので、
この1ヶ月で行く4ヶ国も含めてこんなん作ってみました。

世界.JPG

バチカンは若干反則臭い気もしますが、w
とにかくこれまでに17ヶ国に行ったということが判明しました。

17ヶ国って聞くと結構行ったような気分になりますが、
色塗ってみると全然ですよねぇ・・・・。

いつかアメリカには行くでしょうから、
次はブラジルかロシアで面積を稼ごうと思います。(笑
しかし世界は広い・・・。

4)日本だって広いので

世界地図にフォトショで色を塗っている最中に思いました。
じゃあ果たして47都道府県のうち、
一体どれだけの県にお邪魔したことがあるのだ貴様は!?と
イタリアなんかに住んで世界を知っているような顔をして、
自分の生まれ育った国のことを全然知らないじゃないのか貴様は!?と。

・・・作りました。

日本.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青森県の読者の皆様へ

いつか絶対津軽海峡見に行きますから待ってて下さい。

秋田県の読者の皆様へ

妻の祖母邸があり、近いうちに行くことになると思うので待ってて下さい。

宮城県の読者の皆様へ

今年の年末に牛タンを喰らいに行くので待ってて下さい。(本気

岩手県の読者の皆様へ

今年の年末にわんこそばを喰らいに行くので待ってて下さい。(本気

福島県の読者様の皆様へ

友人がいますので、、彼の結婚式には掛け付けるので待ってて下さい。
ちなみに呼ばれるかどうかは未知数です。(爆
むしろ彼が結婚するかどうかが未知数です。(爆爆

山形県の読者の皆様へ

子供が生まれたら家族で蔵王にスキーをしに行くので待ってて下さい。

栃木県の読者の皆様へ

いつか中禅寺湖に釣りに行くので待ってて下さい。
もちろん昼食は餃子にします。

福井県の読者の皆様へ

いつか里芋を喰らいに行くので待ってて下さい。

・・・・・残りの県にもいつか必ず。(息切れ・爆

4)夜長は読書で

日本から持ち帰った未読の単行本6冊も、
いよいよ1冊を残すのみとなってしまいましたが、
来週末から立て続けに人が来ますので運び屋をお願いしました。

amazonで新書を漁り、カードで購入し、友人や妻宅に配送手配。
彼女達はその本を持ってミラノを訪れ、私は読書三昧で万々歳。

あぁ、便利な世の中♪(*´ェ`*)

今年の9月最初のブログ記事を執筆した際、
勝手にわたくしが決めたルールですが、
読んだ本の感想はこの場に書くことにしましたので、
読書に興味のない人は読み飛ばしてみて下さい。
やれるもんならやってみて下さい。(謎

パラシュート
パラシュート.jpg
山田悠介
★★★★★☆☆☆☆☆

リアル鬼ごっこの山田悠介さんの作品。
もの凄いスピード感で、
読んでる最中こりゃいいやと思ってたのに、
後はあんた達の想像にお任せするわ的オチでどうもねぇ・・・。
というかそういうオチでも納得させてくれるならいいけど、
お前それじゃオチてねぇよ、と。
完全に続き物を連想させる最後なのに、
続編出てねぇってどういうことですか!?と

そういう感じです。w

プリズン・トリック
プリズントリック.jpg
遠藤武文
★★★★★★☆☆☆☆

2009年江戸川乱歩賞受賞作だそうです。
江戸川乱歩賞の審査員だった東野圭吾さんが、
「江戸川乱歩賞史上最高のトリックだ!」とか言ったそうで、
それが帯びにでかでかと書いてあった訳なんですが・・・。

描写が細か過ぎて逆に混乱するし、
そんなにやれた感のあるトリックでもないし、
どう考えても辻褄の合わない箇所もあったし、
駄目押しで誤植はあるしで、いまいちでした。

大体この作品を大賞に選んだ審査員たちが、
まだまだ全然荒いけど、まぁ選ぶならこれ!的なね、
そんな微妙なコメントを巻末に寄せてる訳ですよ。

大賞に選んどいてそれってどうなん!?と。ww
それ読んでさらになんかテンション下がりました。

なんか・・・すいません、批判ばっかで。(笑

まほろ駅前多田便利軒
まほろ.jpg
三浦しをん
★★☆☆☆☆☆☆☆☆

この方の作品で「風が強く吹いている」というのがありまして、
箱根駅伝の話なんですが、これが至極の一品でございまして、
この作者の本を読んでみようと思ったところ、
2006年直木賞受賞作がこれだってんで、じゃあいってみよう、と。

あの、それで、その、わたくしの感受性の欠如なのか、
知性の欠落なのか、理由は分かりませんが、
ハッキリ言って全然面白くなかったです。wwwwwwwwww

なんでこれが直木賞!?と。

残念です。
なんだったらわたしの方が残念なんです。ww

フリーター家を買う
フリーター.jpg
有川浩
★★★★★★★★☆☆

新宿の紀伊国屋の入り口に山積みされてまして、
しかし裏口から入ったわたくしはもう大量に本を買った後で、
タイトルから絶対面白いだろうと予想できたのに、
結局その日は買えなかった訳ですが、後日札幌で入手しました。

要するに、買うまでのプロセスがちょっと長かったので、
読むまでの期待値が上がり過ぎていてどうかな、と。

しかしながらその懸念を見事に吹き飛ばす良作。
男には立ち上がらなきゃ行けない時があるよなうんうん、と。
崩壊し掛けた家族が絆を取り戻していく過程がナイスです。

これはいいわぁ~。

流星の絆
流星.jpg
東野圭吾
★★★★★★★★★☆

2008年ベストセラーだそうで、今日現在までに65万部売れているそうです。
ドラマにもなったそうですので、近々見てみたいと思います。

で、感想ですが、マーベラスです。
切ないし、焦るし、ビックリするし、裏切られるし、同情するし、
考えさせられるし、スッキリするし、期待するし、エクセレントです。

最終部分がちょっとだけモタつくのが残念でしたが、
終日家にいた昨日日曜日、午後5時から読み始めて、
夕飯を作る間、食べる間、風呂に入る間、フィオを可愛がる間、
片時も話さずに500ページを一気に読んでしまいました。

さすがです、東野師匠。w

5)新作はカフスで

2ヶ月ほど前のエントリーでも書
きましたが、
このブログが縁でオリジナルのカフスを制作する運びとなりました。
フィレンツェ在住のジュエリー職人さんがこのブログを気に入って下さいまして、
わざわざミラノの私のところまでご自分の作品を見せに来て下さいました。

長年、カフスを店頭に並べたい意向はありましたし、
何よりこの方の作品と人柄がマーベラスだったこともあり、
話はとんとん拍子に進み、遂に今月、実物が納品されました。

IMG_3333.JPG
IMG_3336.JPG
IMG_3337.JPG

特に、六角形をした青いカフス↑に関しましては、
わたくし自身がメロメロに惚れこんでおります。

画像がちょっと残念な感じであれですが、
手彫りで刻まれた繊細な模様と、
フォレンツェ伝統のエナメル技術のマッチ具合が抜群です。

弊社のスタッフで、サイト用の撮影やカタログ用の撮影等々、
カメラ関係全部を任せている者がおりまして、
最近メキメキ腕を上げているので、
近々ちゃんと撮影させて再披露したいと思いますが、
とりあえず今日はこれでご勘弁を・・・。

あ、ネットには出さずに店頭売りしかしませんので、
欲しい方は個人的に連絡を頂ければと思います。

日本でもイタリアでもアメリカでもアフリカでも、わたくしが何とかします。(男前

なんだかんだで今日も長くなってしまいました。
最後までお付き合い頂いた方には、今夜夢に私が出ます・・・お礼に。(爆

ごきげんよぉ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です