5月31日の高松な日々

今日は月曜日ですから私の親友は普通に仕事です。
8時半までには家を出るということで8時前に起床し、
タクシーで高知駅まで送って貰ってさらば戦友。
今日は無事に9時発のバスに乗って11時半には香川県高松に到着。

先日29日に別れてから元勤務地の北海道へ別行動していた妻と、
彼女の実家である鹿児島で落ち合わねばならない手筈。

しかしながら彼女が鹿児島空港に到着するのは夜であることと、
高知から鹿児島へは飛行機が飛んでいない事情から私は高松へ。

昼前には完全フリーになっていて、
飛行機の時間が17時半とかでしたので、
とりあえずは高松版の観光雑誌を買ってからレンタカーをレンタル。
で、まず向かった先はやっぱりこれ。

大1つと卵!つってオーダーしたところ、
釜玉にしたいんか? と良く意味の分からない質問を投げられましたので、
えぇ・・まぁ・・・。 なんて具合の日本人な返事をしたところ出てきたのがこれ。

トッピングでちくわと掻き揚げ付けてこれで驚愕の400円。
映画UDONを見てから高松でうどん巡りをするのが夢でしたが、
夢が実現した時は大概失望したりするものだという概念は見事に覆され、
人生30年の中で喰らったうどんの中でぶっちぎりで1番旨かったです。
醤油だけで食べるなんてぇのがまたオツじゃないですか、えぇ!?w

ここで食べ終わったのが1時過ぎだったので、
暫くあてもなくドライブしたりして、2時過ぎには2件目に突入。

さっき醤油だけで食べるうどんを食べましたから、
今度は汁に入ったうどんでいってみようということで、
ガイドブックから私がチョイスしたのがこちら。

もう筆舌に尽くしがたい旨さでしたよ、これも。

上記2軒然り、高松でうどんが食べられるのは、
うどん屋じゃなくて製麺所なんですよね。

目の前で今できたうどんを食べさせてくれますので、
贅沢なまかないを食わせて貰ってる感覚です。

何百軒ある製麺所の中で今回行けたのはたったの2軒ですから、
必ずまた高松にうどんを喰らいに帰ってきたいと思います。

はい、で、空港着きました。
暫しの待ち時間を消化して鹿児島行きの便に登場。

ちゃんと離陸するのか不安でしたし、
着陸の際には爆音が炸裂しており、
同乗のお婆さんが逝きそうでしたがなんとか鹿児島到着。

あれは隠蔽されてるけど事故だったとふんでます、個人的に。w

空港での暫しの待ち時間を読書で消化し、
遅れて到着した妻と落ち合って彼女の実家へ。
今日から2泊3日で鹿児島滞在です。

今日も1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です