パリ、オレンジの憂鬱

更新が滞っていることは当然自覚しているわけですが、
嘔吐と下痢と悪寒と関節痛と痔に苦しむ我に皆のご加護を。
痔の理由は後で分かります。

あーめん。

そんなことで今日も本題。

フランス旅行2日目を綴っていたところ、
それなりの長さになりましたのでタイトルを付けてみました。
年末のフランス旅行2日目のお話しです。

昨日到着したばかりですがもうパリを離れます。
そして本日、私はフランスを嫌いになります。w

我々が宿泊するホテルはオペラ座近く。
そこからモンパルナス駅へ地下鉄で移動。
モンパルナスからレンヌはあのTGVで移動です。

フランス嫌悪傾倒事案1

広すぎるモンパルナス駅

地下鉄が到着した地点から、地表の国鉄出発地点が非常に遠く、(さながら大手町
膝の軟骨がから揚げになるくらい歩いて券売機に辿り着いたのが出発10分前。

フランス国鉄におかれましては、もう少し敷地の使い方を考えて頂きたい。
膝の悪いご老人なんかがそのうち発狂しかねません。

フランス嫌悪傾倒事案2

土壇場でフランス語を押し売る国鉄券売機

人員窓口が大名行列でしたので、券売機で券売されることを試みたところ、
シルバーや学生といった身分区分の項が何をどうしてもフランス語・・・。
時間に追われながらここまで英語で画面を進めてきた我々の落胆振りを想像して下さい。

フランス国鉄券売機は詰めが甘すぎてまるでイタリアです。

フランス嫌悪傾倒事案3

青いTGV

長年、地球最速列車の座を巡って、
我が国の新幹線と切磋琢磨してきたフランス国鉄が誇るTGV。
長距離列車としては斬新なそのオレンジのボディーや、
TGVをテジェベなんて発音させる魅惑的なフランス語の響きに悶えた5歳当時の私。
今回パリから小旅行へ出掛けるプランを妹が組んでくれたことで、
思いがけず25年越しの夢に乗車できることになった私の心中をお察し下さい。

ところが、券売機のフランス語の項をイタリア仕込みの勘でパスし、
なんとか4人分のチケットを購入してTVGに近付いたところで愕然。

私はてっきりオレンジの電車だと思ってますから。
こっちはオレンジで探してますから。
オレンジで夢見てきてますから。
眼前の青い塊がTGVだなんて、勝手に裁判沙汰です。


ちなみに90年には現行の青にモデルチェンジしていたそうです。(むかしー

フランス嫌悪傾倒事案4

寒過ぎる幅30cmの一等席

券売機からチケットの発給を受けて列車に飛び乗ったところ、
チケットには確かに4 Adultsの表記があるにも関わらず、
なぜか座席番号が2つしか記載されていないという、焦燥感を煽るイタリア的状況。

付近のマダムに怪訝な顔MAXで問い合わせてみたところ、
チケットに書かれた2つの席は確保されているものの、
他の2人は1等列車内で勝手に探しなさいこの邦人!
ということらしい。

4人共同じ料金を払っているんですが?
と問い合わせても、そういうシステムなの!で片付けるマダム。

しかし乗ったのが直前だったこともあって、
空いているのは目の前の3席のみ。

他の空席といえば一等車の外、列車の接続部分に設置された簡易シートだけ・・・。

母、妻、妹、私。

私?

1番高い料金のチケットが指定でないことで大混乱を招くフランス。
長距離列車は二等ですら全席指定のイタリア。

まずいまずい。
ちょっとイタリアを好きになりそうです。w

大体4人分の料金を1枚の切符にまとめちゃうなら、
そんなに遠くまで空席探しに行けないですよね?
なんでそんな混乱を招くようなことするんでしょうか、フランス。

レンヌまでの2時間半、極寒30cmの簡易シートで私は痔を患い、
そんな私を気遣うでもなく、暖房の効いた一等列車で談笑する家族を見て心も荒みました。
我が家が崩壊したらフランスでテロ起こします。(絶対

フランス嫌悪傾倒事案5

エレガントな発音で嘘を付くフランス人

レンヌ到着後、目的地まではさらにバスを乗り継ぎます。
付近の駅員にどのバスに乗車すべきかを問うたところ、
あっち としか言わない不親切なフランス人。

イタリアだったら身振り手振りを交えて、
なんだったら一緒に付いて来てくれたりするのにな・・・。

まずいぞ・・・。ww
どんどんイタリア贔屓に・・・・。www

なんとかバスターミナルに辿り着き、
窓口で目的地までのチケットを購入。

指定された場所でバスを待つこと5分。
運転手がバスから降りてチケットを確認。
我々の並ぶ数名の列を残してバス発車。

え、なに?

何の説明もなく置き去り?

満車か何か?

だったらなんでチケット確認した?

・・・・フランス。w

仕方なく再びチケットセンターに戻って窓口で事情を説明し、
これは次のバスを待つしかないのか否かを問うたところ、
君達の選択肢は1時間後の次を待つか、パリに帰るかだという笑えないフランスジョーク。

意図せず1時間待ちになった腹ペコの我々。
それではということで妻&妹が朝飯の買出しへ。

10分後、なぜがバスが到着。
曰く、我々の目的地行きだとかヌカす。

目的地行きのバスは1時間来ないと言われたが?の問いには、
既にこのバスは1時間ほど遅れている、との意味不明な解。

今連れが買い物に出ているので待ってくれるか?の問いには、
1時間遅れているから数分しか待てない、の解。

で、皆さんご想像のようにバス発車。
我々無念のバス2台見過ごし、のち乗車。
とりあえず1時間遅れで目的地には到着するも真相は闇の中。

・・・・ちょっと表出て来いサルコジ!

フランス嫌悪傾倒事案5

チラリズムに終わった世界遺産。

せっかく苦労してここまで来たのに見えない。

近付いても見えない。(泣

肛門を痛めてまで見に来たモンサンミッシェル。
このまま引き下がれませんから年内に必ずリベンジします。w

フランス珍道中、まだまだ続きます。

今日も1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

「パリ、オレンジの憂鬱」への5件のフィードバック

  1. 出た出た。

    我々夫婦も思いましたもんね、フランスのどこがイタリアより勝っていると言うのか?と。
    サービス、人柄、どれをとってもイタリアより下手したら酷いじゃないかとwww

    ってことで、私も嫌いです、フランスwww

  2. >あみ様

    全世界からナポレオンが強奪してきただけで、
    何のオリジナリティーもない国が何を威張ることがあるか。

    とうちの母なんかは言っておりました。wwwww

    ちなみに私はフランス語卒のフランス語学位ですが、
    当時のフランス人教授が死ぬほど嫌な奴だったこともあって、
    10年前には既にフランスへの憧れを捨てております。ww

  3. 何度も吹きました。
    もう、イタリア好きになっちゃいますね、これじゃ。

  4. >もえ&あい様

    フランスを嫌いになることと、
    イタリアを好きになることを混同しちゃいけないような気もしますが、
    どうしたって隣だし、同じような景観もあったりするからねぇ・・・・。w

    ところでサローネ近いですけど今年はどうするんですか?
    ガルダ湖の近湖にホテル取るんですか?wwwwwwwwwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です