日独伊三国同盟はなぜ成し得たか

こんな時期ですが、
日本での仕事が溜まってきましたので明日帰国します。
富士山の火山活動が活発化などという話もあり、
私の故郷はその富士山のある山梨県だったりしますが、
現在復興活動に従事している全ての日本人を信じていますので帰ります。
復興部隊の方々には心より頑張って頂きたい。

真面目かっ!

ということで本日も本題。

福島原発の話題はイタリアでも報道されない日はありません。
国土を同じく海に囲まれている海洋国家ですから、
津波なんぞが起きたらどうなるのかに関心が高い上に、
現在イタリアでは原発を作っている最中だったりしますのでそりゃそうです。

以前にも書いたことがありますが、
イタリアでは、1986年のチェルノブイリ原発事故を受けて、
同年に国民投票を行って新たな原発建造の中止を決めました。
現在では先進国の中で唯一の原発を持たない国だったりします。

で、これでは自国の電力は当然賄えませんので、
今日本でも話題の計画停電なんかをちょいちょいやって節約して、
それでも間に合わない分は隣の原発大国フランスから輸入しています。

でもさすがにこれじゃそのうち先進国に入れて貰えなくなりそうなので、
イタリア政府は総電力生産量の25%は原子力に頼ろうと、
原発4基の建設を決めた矢先に今回の事故だったわけなんですね。

何をやっても間が悪い・・・。w

政府は、「現在の原発は福島原発の100倍安全」と計画変更を公式に否定しました。
このニュースを聞いた際に、ここで意固地になっちゃうのがイタリアらしいなぁ、と。
ミラノでの生活も7年を迎えるあたくしなんかは思ってたわけですよ。

で、これと対照的なのが合理性大国ドイツです。
今回の福島原発の放射線漏れ事故を受けてドイツ政府は、
古参原発7基の稼働を3カ月間一時停止することに決めたそうです。

超ふれきしぶるー!

そう、で、このニュースで思い出しました。
昨年のサッカーW杯。
南アフリカでやったあれです。
本田さん大活躍だったあれです。

ここでも書きましたが、
2006年優勝国のイタリアはまさかの未勝利で予選グループ敗退でした。
イタリアのグループリーグ敗退は36年ぶり、
1試合に3点以上取られたのは実に40年ぶりのことだったそうですよ。

こうなると当然サッカー協会は何かしらの政策を打ち出さないとならない訳ですが、
結論としては、セリエA各クラブのEU外国籍の獲得選手枠を、
現行の2から1に削減することにしたわけなんです。

ちなみに、これによって本田のACミラン入りがなくなったと言われています。
この制度を導入した後にも関わらずインテルに入った長友はやっぱり凄いんです。

しかも新たな規定では、各クラブは、EU加盟国の国籍を持たない選手を、
1シーズンで1人しか獲得できないことになっています。
しかも、獲得する場合はEU外の所属選手を1人放出することが義務付けられました。

リーグレベルの低下、リーグ人気の低下など、色々な問題もある政策なので、
当然かなりの非難が集中してはいますが、まぁW杯があれじゃあねぇ・・・。

で、これとまったく逆のスタンスにいるのが、やっぱりドイツです。
ドイツはサッカーW杯において、2大会連続3位、15大会決勝リーグ進出という結果でした。

移民政策の一環として1999年に改正された国籍法によって、
ドイツでは現在移民2世に国籍が与えられるようになっています。
FWのポドルスキはポーランド、エジルはトルコ、MFケディラはチュニジア、
DFボアテングはガーナにオリジナルを持ちます。

大会後にもドイツの首相だったか、サッカー協会の会長だったか、
とにかくお偉いさんがこの点について触れ、
『ドイツサッカーの飛躍は移民の力によるところが大きい』とかね、
公式に発言しちゃってますからびっくりですよね。

勤勉なドイツ人、怠惰なイタリア人。
感情的なイタリア人、合理的なドイツ人。
医学のドイツ、服飾のイタリア。
ラテンなイタリア、ゲルマンなドイツ。
工業生産のドイツ、嗜好品のイタリア。
縦縞国旗のイタリア、横縞国旗のドイツ。
質実剛健のベンツ、豪華絢爛なフェラーリ。

ぱっと思い付いただけでもこれだけの対義性・・・。
なんで日本はこんな2カ国と同盟を結んだんでしょうか・・・。
戦争、負けて然りだったんだと思います。w

今日も1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です