狩野舞子親衛隊イタリア支部 pt.1

妻が日本に帰国してまだ3日ですが、
既に1、2kgほど痩せた感覚があります。
食って大切ですね。

ダイエット希望妻帯男子、禁妻、お勧めです。w

そんなことで本日も本題。

先日のチャリティーイベントに来てくれた女子バレー日本代表の狩野舞子選手。
ボランティアとして参加した我々はイベント終了後に少し喋る時間があり、
その気さくな人柄にすっかり惚れてしまった我々はよし試合観戦だ、という安易な展開。

ミーハー根性もここまで来れば見上げたもんだと自負しようと思います。

仲間数人と盛り上がって早速ネット検索したところ、
バレーのセリエAは残すところ2試合でシーズンを終えることが判明。

狩野選手の所属するパヴィアは残念ながらまだシーズン1勝ということでしたが、
唯一勝利した相手との対戦が次戦であることも同時に判明しましたので、
これに行かない手はないだろうということで先日の水曜に男4人で試合観戦へ。

この日の会場はカステランツァというミラノ近郊の町の体育館でしたが、
いかんせんバレー観戦なんて日本でもしたことがありませんから、
会場がどんな風貌なのかの予想もつかずに会場付近を右往左往。

なんとか試合開始ギリギリには会場に到着し、
法律事務所の受付みたいなチケット売り場でチケットを購入。

IMG_7579.JPG

25ユーロ払って最前列を確保したところ、
ベンチまで僅か1mの超至近距離で人生初バレーを観戦することができました。

IMG_7592.JPG

この日我々が購入したVIP席は、
なんとコートチェンジのタイミングでシャンパンと軽食が飲み放題、食べ放題。

IMG_7659.JPG

飲食用に区画されたスペースの壁には、
なぜか柔道の父、嘉納治五郎の写真が・・・。

IMG_7700.JPG

イタリア人のおっさんに話し掛けられて、
あの写真は空手の大山倍達か?と問われたので、
あれは柔道の父、嘉納治五郎だと。
すんなりイタリア語で答えられた私は何なんでしょうか?wwww
格闘技経験とかありませんのにねぇ・・・。

飲食を終えて席に戻れば世界最高峰リーグの試合を肌で感じつつ、
やはり視線はずっと狩野選手に釘付けです。

IMG_7731.jpg

子供の頃からそれこそ何万回もレシーブして、何万回もスパイクを決めて、
死ぬほど怒られて、何度も号泣した末に辿り着いたであろうセリエAで戦う日本人の姿は、
バレーボール選手というより、日本代表選手というより、なんだかもはや侍でした。

イタリアのリーグレベルは世界最高峰とは言え、
サッカー以外は全てマイナー競技に分類されてしまうイタリアにおいて、
外国人が1人で戦っていくのはさぞや大変なことだろうと容易に想像が付きます。
そんな中で普通にイタリア語でコミュニケーションを取りながら戦う22歳日本女子。
あっぱれでございました。

試合後に少しお話しさせて頂きましたが、
本人曰く、来年もイタリアに残りたいとのことでしたので、
来年ももしイタリアにいるのであれば応援に足を運びたいと思います。

IMG_7747.JPG

追伸
相手チームの監督がサッカー元イタリア代表のカンナバーロに激似で、
どうしてもこれを人に言いたい私の自己満足に神のご加護を。w

IMG_7715.JPG

今日も1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

「狩野舞子親衛隊イタリア支部 pt.1」への3件のフィードバック

  1. 初めまして☆
    ゆっきです。

    そんな選手が居る事すらしらなかった私です。
    イタリアに治五郎氏が居た事も意外でしたが。

    面白いブログですね。150周年万年筆も出ているみたいで。

    イタリアに居るのが羨ましいです。

    また、遊びに来ます。ぽち

    あ。商用?・・・・Furlaのビニールバックが気になります。

  2. >ゆっきさん

    亀レス失敬。

    初コメントありがとうございます。
    試合後に少し話しましたが、
    本人的には来年もイタリアに帰ってきたいとのことですが、
    来シーズンが始まるが11月だそうなので結構時間があります。
    その間は全日本に呼ばれて世界大会に出場するそうなので、
    メディアへの露出が極端に高まるのではないでしょうか。
    是非チェックしてみて下さい~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です