イタリアバカンス、暇つぶし料理生活のすゝめ

昨日のミラノは最高気温が37度でした。
そんな中、私は2日連続ゴルフの2日目でした。
ゴルフ場の短い夏休み明けということで、
9番ホール後の休憩所がしまっていて水が買えませんでした。
脱水症状になりました。
生き長らえる為に池の水をカブ飲みする幻想を見ました。
人間って怖いなと思いました。

以上夏休みの宿題日記風。

そんなことで本日も本題。

相変わらずアホ長い贅沢なバカンスが続いているミラノです。
15日を過ぎてやや人が戻ってきた感はありますが、
それでも平時に比べたら殆どゴーストタウンのミラノです。

明日19日から中欧を周る旅行へ出掛けますが、
弊社下半期最終営業の8月6日から数えると、
今日までに約2週間も暇を潰した計算。

その間ゴルフの練習に2回、ラウンドを2回、
日曜大工に2日ほど精を出し、友人と食事をし、
愛すべき犬畜生と戯れ、郊外のモールを4時間も歩き回ったりしています。

まだ暇です。

ということで久々に私が妻に料理を振舞うことになりました。
学生時代、スキーの合宿費捻出のためにひたすらフライパンを振っていたあたくし。
あれから7年が経ち、果たしてあたくしの腕は錆付いてしまったのか否かの検証です。

それ自体の写真を取り忘れましたが、
まず玉ねぎ5個をフードプロセッサーで殆どジュース状にしてから、
多少のオリーブオイルでその玉ねぎを1時間ほど、気が狂う寸前まで炒め続けます。
ここで心が折れた場合は料理人への道を諦めて下さい。

あめ色ドロドロになった玉ねぎにはセンスでトマトペースト、
塩、ローリエ、オレガノを入れて、トマトの酸味の鋭角さが取れるまで煮込みます。
ここでセンスが発揮できない場合は回数で勝負。
30回試行錯誤すればなんとかなります。w

で、この日の目玉はこれ。

なんと郊外の巨大スーパーで1kg = €1という驚愕の値段でゲットしました。
この日の仕入れは1.86kgだったので当然値段は€1.86です。

2kg弱200円って、ムールも報われないな。。。。w

そいでこれをひたすら金タワシでこすり、汚れを落とします。
表面の藤壷的なのも全部綺麗に剥がして下さい。

100個以上はあったので夫婦で力を合わせても2時間半ほど掛かりました。
終わったあとの肩凝りが心配な方は止めておいた方が良いと思います。(切実

ムールはその後、火にかける直前に海水濃度の食塩水で砂抜きをしておきましょう。
次に、なるべくでっかい鍋で玉ねぎとセロリを適量、バター40gでしんなりするまで炒めたら、
ムールを鍋にぶち込んで、ワイン100cc、水300ccを加えたら火にかけます。/1kg
貝は生派の方は水分が沸騰してから2、3分、
ちょっとお腹弱さんの方は5、6分でムールの白ワイン蒸しのできあがり。

冷たい白ワインなんかと一緒に頂くとよろしいかと。
ま、私飲めませんけどね。

で、トマトソースどこいった?

ということで次にムールを使ったパスタです。

火を通していないムールと海老をにんにくとオリーブオイルで炒めます。
ムールに火が通って貝が開いてきたら白ワインでフランベ。
そこにお湯に溶かしたチキンブイヨンと前述のトマトソース、でソース完成。
やや固めに茹でたパスタを加えて適当なアルデンテになるまでにちょっと煮込んで完成。

新鮮魚介のトマトパスタ

翌日の昼間はリゾットにしてみました。
前日に残ったムール貝の煮汁を使うので冷蔵庫で保管しておきます。
貝殻から取り出しておいたムールと前日残りものの海老をにんにくとオリーブオイルで炒めてフランベ。
ムールの煮汁を加えて煮立たせたらトマトソースを少量加えてソース完成。

玉ねぎ(1個)のみじん切りと1合の米をフライパンで炒めフランベ。
通常通り1合分の水で、炊飯器の早炊きでモードでこの米を炊くとリゾット米が完成。/2人前

リゾット米をソースに加えて、好みの固さになるまで煮込みます。
この時ソースが足りなくなってきたらムールの煮汁とトマトソース少量を加えて調整します。

新鮮魚介のトマトリゾット

店出せるほど旨かったので、
味見希望の方はビストロジュエリーまで電話にで要予約。w

ここまで作って、まだ大量のトマトソースが余りましたのでさらに2品。
ベーコンと油通した茄子、モッツァレラを使って速攻で完成。

ナスとベーコンのトマトパスタ

スモークサーモン、バター、牛乳、生クリームを使って完成。

サーモンのトマトクリームパスタ

どんだけトマト食べるんでしょう、我々。www
ともあれ、計5品、嫁のご機嫌伺い料理でした。

奥さん、私、新しいゴルフシューズ欲しいです。(爆

トマトの食べすぎでイタリア人みたいな臭いになってきたので、
明日から中欧を周る旅に出て日本人らしさを取り戻してくることにします。(謎

今日も1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

「イタリアバカンス、暇つぶし料理生活のすゝめ」への2件のフィードバック

  1. おおお!!!
    店長さん、素晴らしいぃ!

    うちもムール貝を料理する時は夫の出番なのですが、こんなに時間かけて磨いて
    ませんね(不安)

    私は余りトマトソースが好きではないんですが、どれも本当に美味しそうで!!!
    ビストロジュエリー、星三つです(謎)

    御旅行、お気をつけて楽しんで来て下さいね~!
    イタリア人にまみれながら・・・www
    BUONE VACANZE!!!

  2. >あみ様

    今日中欧旅行から帰ってきました。
    4ヶ国ともクソ暑くて夫婦共々ヘロヘロです。

    ムール貝は今回初めて調理してみましたが、
    こんなに掃除が大変なものとは知りませんでした。
    どこまでちゃんと掃除したらいいもんかが分からなかったので、
    考えられ得る最高のプリーレを施しました。
    でもあみさんの書き込みで次回からはもうちょっと手を抜くことにします。wwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です