ミラノの快晴 時々 釣り のち 絶景

オリジナルバッグの開発に余念がありません。
昨年、完全オリジナルバッグの製作に取り組んだものの、
今ひとつ納得のいかない商品が出来上がってしまいましたので、
昨年のその苦渋の経験をベースに、
今年は工場が嫌な顔をするほど細部にまで拘ったバッグを作っています。

今年は期待していい!
来年には億万長者だ!

・・・・・・ゆ、夢を見るのは勝手だろ!?(汗

そんなことで本日も本題。

先週の日曜日、友人M邸での会話。

M: 来週の日曜仕事ないんで暇なんすよねぇ。

店: んじゃ何かする?

M: 何か面白そうな企画ないすか?

店: ゴルフは?

M: あんまし惹かれないっす・・・。

店: んじゃ・・・・釣りとか?

M: あぁ!釣り良い!釣り行きたいっす!

店: でも道具あんの?

M: ・・・ないっす。どっか買えるとこないすか?

店: んー。俺火曜休みで、どうせ車で買い出し行かなきゃいけないから、
   適当に揃えといてあげようか?

M: マジすか!?どんくらい掛かります?

店: 100ユーロくらいじゃん!?

M: 全部で?

店: 竿とリールと糸とルアーで。

M: じゃあお願いしてもいいすか?

という訳で3、4年ぶりに釣りに行くことになりました。
久々すぎてなんだったらM君より私のがテンション上がった訳で、
早速火曜にはM君の釣り道具を揃えて、早く来い来い日曜日と。

で、当日。
隣町に住むM君は1時間弱掛けて我が家を来訪。
一緒に近くのピザ屋で昼飯を共にしたあと、
我が家の車に全員で乗り込んで早速湖へ。

私がいつもターゲットとするのはブラックバスという魚です。
外来魚として日本の湖の生態系を破壊するとして有名なこいつです。↓

ベストシーズンは産卵期の4月、5月。
ですから3、4年前にせっせと通ったのも春ばっかりでした。
人間同様、夏の気温の高さに一時活性が下がった後、
秋には冬眠を控えて食欲が旺盛になるために活性が再び上がる訳ですが、
バカンスの疲れが残る秋には私自身が家から出たくない症候群を煩うため、
イタリアではあまり秋に釣りに行ったことがありませんでした。
というよりは遠出自体、あんまりしたことがなかったかもしれません。
これまでは我が家に車がなかったことも一因です。

が、行ってビックリ、見てビックリ。
この日は雲一つない快晴だったこともあって、
紅葉がかなり綺麗で、夕焼けの湖なんかはかなり幻想的でした。

愛犬2匹も連れて行ったのですが、
初めてのNOリード散歩In Italyとあって大はしゃぎです。

んー、これはいい。
犬も勝手に遊んでストレス発散してるし、
嫁も嫁とて持って行ったブルーシートで昼寝なんかしてるし、
田舎育ちのあたくしにはやっぱしこういう瞬間必要なんだなって。

はい、で、肝心の釣果ですが、
なんとかギリギリであたくしもM君も1匹ずつ。

という訳で友人の正体は最近仲良くしてるノバラの森本選手です。
湖での釣りが初めてということでしたし、
アテンダーのあたくし的には、やっぱり初回から楽しんで欲しい訳で、
釣り歴20年(・・・20年も釣りしてんだ・汗)のあたくし、頑張りました。
水温、気温、日の入り時間、地形等色んなデータを元に必死に考えて、
終了間際15分でようやく1匹釣ってくれてホントに一安心。www
黙~って3時間くらい粘ってましたが、

最後にちゃんと釣っちゃうところがさすがですね。
こういうところがやっぱり持ってるなと思います。

最近は7時半には真っ暗になってしまうミラノですので、
この日も7時過ぎには家路に着いた訳ですがしかし、
久々釣りなんかしたら釣り魂に火ぃ点いちゃってあーた!
以降、今週毎日うずうずしてますので、今週日曜も行きます!www

今週末は夫婦でゆっくりすると決めていましたが、
犬達もリフレッシュできて嫁も景色に癒されたことから、
あとは、煙が出るほど頭を擦り付けたこともあって愛妻からお許しが出ました。www

☆イエーイ(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ☆

ということで早く来い来い、日曜日ぃ~。(子供かっ!

今日も1クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

「ミラノの快晴 時々 釣り のち 絶景」への12件のフィードバック

  1. 奥様のブログ拝見したので、コチラにもお邪魔です♪

    Mさんの正体にビビリましたwww

    ブラックバス、美味しく食べられたらもうちょっと煙たがれずに済んだのかもねぇ・・・って思っちゃうんですが。
    次回は奥様のお弁当と共に再訪ですね♪

  2. >あみ様

    実は美味しいんですよ、ブラックバス。
    淡水魚なんで生では食べられませんが、
    焼くとスズキと殆ど同じ味です。
    スズキのことをSea Bassというくらいですし。

    ただ骨が異常に多くてさらに大きいことと、
    水が綺麗なところのバスでないと食う気がしないのが難点ですね。

    淡水において水が綺麗ということは、
    標高の高いところにある水温の低い湖、川になってしまいますので、
    そうなってくるとバスに適した環境とは言えず・・・。
    難しいところです。w

    今週末は場所を変えますので、
    わくわくして昨日の夜なんかは既に眠れませんでした。wwwww

  3. はじめてコメントさせていただきます
    (実際はもっと以前から拝見していたのですが、ご挨拶が遅れ、
    申し訳ございません)
    Mさん、日曜日仕事がない・・ん・・?と思って読んでいたら、
    森本選手ですか!さすが店長!森本選手もなんだかリラックスしてますね。

    日本でもブラックバスで悩む自治体が多くて、
    フライにしてハンバーガーのようにして食べよう!みたいなことも
    しているようですね(駆除でたくさん釣れるらしく・・)。

    あ、先日、武田神社と甲府城に行ってきました。
    思っていた以上に(失礼!)、甲府城は城域が広くて石垣も立派で、
    ついでに小作のほうとうも最高でした!

  4. バス釣りができるんですか?
    日本でよく車中泊までしたバス釣り
    ミラノが好きな主人が聞いたらますますミラノに住みたいと言うことでしょう

    こちらは日系スーパーで生きたバスが売っています
    いつも話しかけるように見ているだけですが。。。

    来週は爆釣でありますように!!

  5. >もっち様

    初コメントありがとうございます。
    頂いたコメントから察するに、山梨の方ではない?
    友人にハンドルネームもっちを名乗る者がいるので、
    てっきりそうだと思って読んでいたのですが・・・。w

    甲府城はもう20年も前から工事をしていますが、
    最近になって急に整備が進んで、
    帰省する度にビックリします。
    ちゃんとお城まで再現する気なんでしょうか、山梨県?ww

    イタリアでは密流する輩が少ないのか、
    生態系が崩れるとかいった理由でバスがフューチャーされることがありません。
    何気にマナーが守れるイタリア人アングラーです。www

  6. >Nao様

    できます!
    ミラノでバスフィッシング、できちゃいます!

    この1週間、あまりに釣り熱が高まってしまったので、
    ミラノ中をくまなくGoogle Mapの航空写真で調べたのですが、
    異常とも言える数の湖、池、貯水池が確認できました。

    弊社のイタリア人従業員に聞いてみたとこと、
    雨の少ないイタリアでは灌漑用水池を各地に作る必要があったそうで、
    またミラノは地形がデコボコしていることから、
    その用水池を作るにはかなり適した土壌だったようです。

    今となっては不要になったそれらの貯水池の中には、
    町ぐるみで魚を放して釣り人を誘致しているところもあるようです。

    WEBで調べたところ、明日向かう貯水池はそういう貯水池の1つのようで、
    さらには湖の周りに涎が出そうな用水路が多々確認できるので、
    今日の夜はもうわくわくして絶対眠れませんから、
    もうなんだったら朝4時くらいには出発してやりたい勢いです。www

    ところでNaoさんはどちらにお住まいなんでしょうか?
    日系スーパーで生きたバスが売っているって・・・・。
    『爆釣』なんて単語を使うあたり、相当釣り吉ですね!w

  7. はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
    バス釣りが大好きなので思わずコメントしてしまいました。
    普段はAsti近郊でシェフをしていますが、休みができるとバス釣りばかり行っています。

    Milano近郊ではLodiのAdda川の三日月湖、Cremonaの近くの管理釣り場などへ行っています。
    あとはTorinoの上あたりのLago di Viverone。その近くの管理釣り場Lago Boschettoは穴場的スポットでお勧めです。
    イタリアはたくさん池があるのに、そのほとんどがプライベートなので、実際釣りができるところを探すのは難しいですよね。
    僕はイタリア人の釣り仲間から、いろいろ教えてもらっています。

    冬は、ニジマス釣りなんかどうですか?
    スプーン、ミノー、バイブレーション、クランク、等バスタックルで行けます。
    釣った後、食べられるし、卵を持っていれば、いくら醤油漬けもどきも作れますし!
    今度情報交換できたらうれしいです。

  8. >kobacci様

    なななななななんと!!!!
    在イタリアで釣りがこんなに詳しい日本人の方がいらっしゃるとは!
    昨日は体調を崩して欠勤していたのですが、
    書き込まれたkobacciさんのコメントにテンションが上がって、
    勢い余って今日から職場復帰してしまいました。wwww

    ニジマスの釣り場、非常に興味があります。
    日本ではバスメインでやっておりましたが、
    いかんせん地元が山梨ですから、
    やはり冬は河口湖でニジを狙ったりもしていました。
    そんなことで日本から持ってきているタックルボックスには、
    そこそこマス系ルアーも入っていますので、
    今すぐにでも、それこそ明日にでもニジ狙い釣行に出掛けたいくらいです。w

    情報交換というか、一方的に教えて頂く感じになってしまいそうですが、
    もしよろしければマス系を狙える釣り場を教えて頂けたら嬉しいです!

  9. どーも遅くなりました。
    ミラノ近郊の情報をミラノ在住bassきちのイタリア人に聞いたところ
    (なんと、イタリアのバストーナメントでチャンピオンになったことがある!)
    とりあえず、地名だけ教えてもらいました。(彼のお勧め)
    まず、mozzanicaという町にあるラーゴ。
    そして、nervianoという町の、il cantoneというラーゴ。
    最後に、canonica d`addaという町の sgagnaというラーゴ。
    が、いいんではないかいということでした。
    たぶんすべて釣堀だと思いますが。
    詳しい場所は、実際にあって、地図を見ながら聞かないとわかりませんが。
    彼がいいという所は、今まではずれたことがありません。
    ちなみに僕は、casale monferratoのlago 10というラーゴによく行ってました。
    最近は行ってませんが。
    詳しい情報が分かったらまたお伝えします。
    連絡はコメント場でいいんでしょうか?
    そのうちにお会いできる気もします。
    その時はよろしくお願いします。

  10. >kobacci様

    こちらこそ遅くなりました。
    ってかイタリアにもバスプロっているんですか?
    イタリアにもトーンナメントがあることは知っていますが、
    例えばそのご友人の方とかってそれで生活しているんでしょうか?

    釣り場の情報ありがとうございます。
    さっそく調べてみたところ、
    nervianoという町の、il cantoneというラーゴはHPがありました。
    1日25ユーロの費用も去ることながら、
    恐らくレンタルができないのがちょっと痛いですね。
    明日の日曜日か来週の日曜日に友人+嫁達と行こうと思っているんですが、
    もしレンタルがなくてエントランスだけで25ユーロ取られたら痛いなと。

    後ほど改めてメールさせて頂きます。
    いつかご一緒できたらと。

  11. >kobacci様

    先ほど登録して頂いたアドレスにメールさせて頂きましたが、
    なぜかエラーで返ってきてしまいました。
    もし宜しければfio.naviglio@gmail.comに連絡頂ければと思います。
    宜しくお願いいたします。

  12. すいません、メールアドレス1文字抜けてました。
    初めてのコメントなんでドキドキしすぎたみたいで…

    イタリアのバスプロは、釣りだけで生活している人は僕もまだ知りません。
    僕の友達もミラノのレストランでシェフをしています。
    腕に“黒鱒”のタトゥーを入れて!
    基本的に平日仕事の、土日にトーナメントだと思います。
    それに、個人ではなく、何らかの釣りクラブにはいってるみたいです。
    必ず名前のあとにクラブ名が書かれてますから。
    釣り道具はどこで買ってるんですか?
    ミラノに2件プロショップがあります。
    via savonaにある Gone Fishing
    viale Argonneにある Fishing Evolution
    です。
    日本のルアーいっぱい売ってますよ!
    高いですけど。
    テンションあがります。
    Kobaの友達だと言ってください。
    話しやすいと思います。
    それでは Buona Pesca! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です