私の見た十五の香港 -後編-

2月に続きまた日本に帰っておりました。
突然帰国することになったので、
機内での暇つぶしを用意する時間がなく、
12時間、機内で座禅を組んで悟りを開く訳にもいきませんから、
ローマの空港で最近買ったipadに映画を落としてみよう!と思い立った訳なんですが、
2時間の映画落とすのに300分もかかりやがる。
搭乗するまでの待ち時間で落とせたの3%だって!

予想できなかった自分が悪いのか。
顧客にその時間を予想させなかったAppleが悪いのか。

さぁ言って御覧なさいよ。

(ノД`)

そんなことで本日も本題。

さて前回の続きです。
先月の香港出張レポート後編。

さっそく。

9)食事事情

対北京比、香港のぶっちぎり勝利でした。
衛生面もまったく問題なさそうでしたし、
北京のように生野菜が激臭なんて惨事にも遭遇しませんでした。

・・・というか遭遇する北京の方がどうかしてるんだが。w

6泊したので夕食は必然的に6回。
そのうち香港料理に5回、日本食に1回。

さすがにここまで連日中華だと胃ももたれるかと思われましたが、
むしろ連日絶好調で、ミラノに戻ってからも暫くは、
目覚ましナシで目覚めるほど調子が良かったです。

へ、変な薬とか入れられてるんじゃ・・・。

ただ、鳥肉料理の皿の上に鳥の顔面まで盛るのはいかがなものか。
ずっとこっちを見てるんですよねぇ。
あぁ~俺の肉喰ってんなぁ~って顔で見てるんですよねぇ。

(ノД`)

コンビニは普通にセブンとかファミマとかあって、
お菓子やおでんに至っては日本の商品そのまんま陳列されてますから、
逆に 香港人これ読めるのか? 的な戸惑いこそあったものの、
将来の夢がコンビニだった私にいたってはもう、
毎回コンビニで2、3000円買い物しちゃったくらいです。

許せ、妻よ。

10)親日感情

生きている最中に国籍が変わるという体験に非常に興味があったので、
今回出会った香港人には己を何人と思っているのかと問うてみた訳なんですが、
やはり香港人は自分たちのことを中国人だとは思っておらず、
イギリス人と言う訳にもいかないから香港人と自称するしか術がないんだと言うとりました。

軍隊がないから中国から独立することは無理だと思うので、
せめてあのままイギリスに統治されていて欲しかった。
というのが香港人共通の思いのようです。(通訳談

で、香港人が最も親近感を覚えるのは日本なんだそうで、
香港の人は最低年1回は日本に買い物に行ったりするようです。
香港人からすると香港の流行は日本の後追いなので、
最新ファッションを楽しみたい人は日本で買い物するのが当たり前なんだとか。

特に香港のファッションが日本よりも遅れている感じはしませんでしたが、
曰く、3ヶ月から4ヶ月は遅れてるんだそうですよ。

それ日本で買い物しても香港戻って優越感に浸れるの2ヶ月くらいなんじゃ・・・。

せっかち。www

11)長友佑都

香港は国こそ中国ですが、
特別自治区という扱いなので、
サッカー香港代表が存在します。

ただ、びっくりするくらい弱いです。ww
1回だけ香港代表の試合を見たことがありますが、
私、スカウトしませんか?くらいのレベルでした。

ということで国内スポーツが全く成熟していないようで、
香港人はもっぱら海外のスポーツを観戦を趣味とする人が多いようです。

詰まるところ日本の宝、長友佑都は超有名で、
通訳さんにどうにか会わせて欲しいとせがまれるほど。

日本通り越えてもはやアジアの宝ですな。

12)礼儀作法

北京と比べたら申し訳ないほど良かったですかね。
前回のエントリーでも書きましたが、
タクシーの運ちゃんが車線変更するのに手を上げてましたから。
言うても中国なのに!?と思いましたが、
本人たちは中国人だと思ってない訳ですから当たり前なんですかね。

今回の展示会ではホテルから会場までの移動で地下鉄を使いましたが、
地下鉄駅構内でも我先の人間はあまり見かけませんでした。

お年寄りや子連れには非常に優しい印象。
そりゃイギリスだったんだから当たり前ですよ、と指摘されましたが、
やっぱり教育の力ってすげぇーですな。

13)工事現場

足場が竹!!www

色んな事情で色んな建物に足場が組まれていた訳なんですが、
その殆どが竹の足場で、近寄ると結構揺れてたりするんですよ。

竹で組んだ足場で工事すると縁起が良かったりするんでしょうか?

いずれにして、この竹の足場を至る所で目撃したということは詰まり、
その目撃数にイタリア在住日本人の私が違和感を覚えたということは詰まり、
それだけ引越しや改築、搬入が多いということでしょうから、
日本やイタリアよりも景気良く人や物が回転している証拠なんだろうなと思いました。

羨ましい限りです。(ノД`)

14)日本表記

何をする場所なんでしょうか?wwwwww

相当数の日本人観光客が来るのか、
そうは言っても日本人がやっぱりお金を落としていってくれるのか、
香港の街中には至るところに日本語が溢れていましたが、
そのうち3割くらいの日本語表記は意味不明でした。w

15)生涯現役

香港市内を走るバスの広告にこの人。

お、お元気だったんですね!!!

以上香港レポートでした。
人生31年、30ヶ国近くを訪問してきてきた私ですが、
これまでに行ったどの国、どの場所よりも香港の活気は凄かったです。

中国本土と香港に1000以上店舗を持つ周大福というジュエリーショップがあるんですが、

香港ではコンビニよりも店舗数が多いんですよ。
置いてあるジュエリーのサイズもまず日本では見ないサイズばかりでした。

ということでそのうち香港移住します。(爆

今日も1クリックお願いします。

地域情報(ヨーロッパ) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です