厄年の妻と縦列駐車

先週月曜に第一子が男であることが判明しましたので、
翌日の釣りに備えて泊まりに来た彼にお願いして二度目のこれ。

代表に復帰して昨日のアゼルバイジャン戦では惜しいシュートも放っていましたし、
本日発表のW杯最終予選のメンバーに選ばれておりましたので、
日本を、そして何より私をブラジルに連れていって頂きたい!w
そしたら絶対ブラジルまで応援に行くので、W杯後は絶対アマゾン川で釣り!

実現したら出家してもいい。(*/∇\*)

そんなことで本日も本題。

イタリアで車を購入する際には、日本と違って車庫証明が必要ありません。
一度でもイタリアに来たことのある方ならその路上駐車の多さに驚いたことと思いますが、
基本的にあの路上駐車の殆どが違法ではなく、なんとなんとまさかの合法です。

青いラインで引かれた枠内は時間課金制の有料エリア、
黄色いラインで引かれた枠内は近隣住民のみが駐車可能なエリア、
白いラインで引かれた枠内は誰でも駐車可能エリアという区分に分かれていて、
もちろん青いライン内なのにお金を払わずに駐車していたり、
近隣住民でない車が黄色いライン内に停めていたりなどの違法行為はありますが、
絶対止めてはいけない場所に駐車をしている訳ではなかったりします。

ミラノの各エリアには住民の数に応じて、
必ずこの3種類の駐車エリアが設けられています。

住民票がなければ車は購入できず、
住民票があれば黄色エリアの駐車許可証が貰えます。

ということはつまり、
専用の車庫がなかったとしても、
住居付近の黄色エリアか白エリアに車を停められるので、
別に車庫用意しなくてもいいよ~!ってことみたいです。

車庫買われたり、借りられたりしちゃうと国には一切お金入ってきませんけども、
路上駐車の場合は違法駐車だったら罰金取れますし、
青エリアだったら自動的にお金入って来る訳ですから、
鴨にはネギ背負わせて、死なない程度にダシを取ってやれという、
イタリアお得意の政策ですよ、つまりは。www

幸運にも、我が家付近には白エリアと黄色エリアが豊富です。
人目を避けられるのでむしろガレージに入れた方が危険とか言われるイタリアですから、
我が家は車購入の際にもガレージをレンタルしたりはしませんでした。

ので。

飲み屋街が近い我が家は週末の夜とかは駐車場探すのがちょっと大変。
基本的に皆さん飲食に我がエリアに入って来てますから、
その出入りの激しさからちょっと待てばすぐ空くことの方が多いんですが、
極々稀に30分以上駐車場探しに費やしたりすることもあったりします。

そんな時に活躍するのが現在妊娠中の我が愛妻。
付き合っている頃から『何かある』とは思っていたのですが、w
ここであと10分待てば空くような気がするとか、
今日は空かない気がするから周回した方が良い気がするとかね、
言い当てちゃうんですよね・・・。(恐々

日本に比べて早い者勝ち思考が甚だしいお国柄ですから、
神懸り的な妻の咄嗟の判断は本当に重宝してきたわけなんですが、
残念ながら本厄の今年に入ってからどうも冴えがない。wwwww

嫁の直感通りに動いても全然駐車場見つからないし、
買い忘れたものを買いに戻ったら売り切れてたりするし、
スーパーでカゴに入れたはずのゼラチンが帰ってきたら袋に入ってなかったりするし、
シーツ変えた翌日に愛犬が吐いたりするし、(あんまり関係ない・笑
物忘れ激しいし、(ほとんど関係ない・笑
大体、妊娠が分かった当初は女の子な気がするとか言ってたし!!

本厄がこの程度で済んでまったくもって何よりです。www

そんな愛妻。
先日、月曜日から日本に一時帰国しています。
朝8時のフライトでパリ経由、羽田行きということで家を出たのは早朝6時。
6時半には空港に到着し、カウンターでEチケットを見せたところ・・・

どこを探してもあなたの名前がありません。

というセンセーショナル過ぎる告白をする受付のフランス人。
やぁやぁ名前が見つからないとは何事だ!!
現にここにEチケット控えがあるわけであるからして、
先日は我々の口座から既に出金も確認しているわけであるからして、
どう考えても君の検索能力がWindows Meレベルだとしか思えない!と。
そんな辛辣な言葉を投げ続ける夫、つまり私。
かれこれ30分以上食い下がったみたわけなんですが、本当に名前がないらしい・・・。

パリシャルルドゴール空港から羽田までのJAL便には名前が確認できるが、
ミラノからパリまでのエールフランス便の予約だけが成されていないという怪奇現象。

で、誰が悪いの?

そのうち暴れちゃうよ?

と、凄む邦人にタジタジのカウンターお姉さん。
最終的にはチェックインがクローズするまで待ったところ、
満席でなかった為にキャンセル待ち扱いで無事に搭乗することができました。

胎教によろしくない・・・。

すったもんだありましたが7時半には妻と別れて家路に。
8時には我が家に到着したところ、
8時半になって既に機上にいるはずの妻からまさかの電話。

夫 ももももももももももももっしもし?

妻 ・・・・もしもし↓

夫 ど、ど、ど、どうした?

妻 大雨でミラノ出発9時20分だって↓

夫 ちょ!!! パリ発の便何時だっけ?

妻 ・・・11時↓

夫 ミラノからパリって・・・・

妻 1時間半↓

夫 ギリってかムリだね・・・。

妻 JALに電話してくれない?

夫 がってん承知!

で、また、こんな時に限って家の固定電話が充電切れ!
厄年どんだけ!!!wwwww

しょうがない、スカイプのプリペイド10ユーロ分をカードで購入して、
IP電話でロンドンのJAL欧州総合受付に電話。

本日の営業は終了致しました。

ミラノ⇔ロンドン時差1時間!
営業時間8時から!
厄年どんだけ!w

そんなことで15分ほど貧乏ゆすりまくりで待機して、
イタリア時間午前9時になった瞬間、再度ロンドンにコールしまくり。

私 すすすすすすすすいません。かくかくじかじかこういう事情なんですが、
  パリ発羽田行きの便、待ってくれたりしますか!?

受 基本的に待つことはできません。

厄年ぃい!!

というドタバタ劇場があったんです、実際に。
最終的にはJALロンドンからシャルルドゴール空港にメッセージを送って貰って、
シャルルドゴールではJALの係員が妻を待っていてくれたんだそうで、
無事に羽田行の便には間に合ったとのことですけども、
この日の午前中の妻のストレスたるやね・・・・。w

そろそろ妊娠22週を迎えるのに胎動を感じないと不安がっていたこの数日、
しかし体内のわが子に取ってもこの日の出来事は相当ストレスだったとみられ、
なんと日本へ向かう飛行機の中で初めて嫁のお腹を蹴ったそうですよ。

・・・・良かったんだか悪かったんだか。ww

今日も1クリックお願いします。


地域情報(ヨーロッパ) ブログランキングへ

「厄年の妻と縦列駐車」への2件のフィードバック

  1. なんとまぁ・・・(絶句)
    最終的に、日本行きの便が奥様を待っていてくれたということですね?
    しかし妊婦には余りに酷すぎる出来事・・・。

    お前達より俺たちゃ、何もかもがイケてるんだぜ?

    みたいなこと、イタリア人に常日頃から挑発してる仏人ですが、
    どこがなのだろうか(大謎)

  2. >あみ様

    嫁を待っていたというよりも、
    全乗り継ぎ便に遅延が発生したようで、
    さすがに出発できなかったようですよ。

    ちなみにJALロンドンの職員曰く、
    普通に予約は入っていたそうで、
    エールフランス意味分からん、みたいな話でした。ww

    結局欧米のシステムは国を問わずいけてないということでしょうか。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です