私の見た十五のバンコク -後編-

人生最後の子供のいない夏休みということで、
明け方に寝て昼過ぎに起きるという高校生みたいなことをしたりしています。

先日、妻の出産前最後の血液&尿検査に付き合いました。
早朝から車に乗り込み、尿意を我慢する妻をなだめて病院に到着。
ようやく妻の順番が回ってきたので安心してipadをいじりはじめたところ、
先ほどトイレに駆け込んだばかりの妻が爆笑しながらトイレから出てきました。
曰く、便器にまたがったら安心して全部流しちゃったそうです。

バカなんですか?wwww

そんなことで、妻よりはイタリア語力の勝る私が、
イタリア人医師に爆笑しながら事の次第を伝えた訳ですが、
アジア人に片言のイタリア語でオシッコガマンデキマセンデシタとか言われても、
いまいち何が起こったのかを理解してくれません。

結局病院の目の前のバールで水をがぶ飲みして、
30分後に再検尿して事なきを得ましたが、
自業自得とは言え修行の如く朝一おしっこを我慢した妻が不憫です。w

我が家は今日も平和です。

そんなことで本日も本題。

の前にちょっと告知です。
今年弊社は東京青山に事務所を開設いたしました。
店舗ではありませんが、商品の下見、試着なども行えるスペースを兼ね備えます。
そこで9月4日からこんなイベントをすることになったのですが、

今回は特別にOnlineの会員登録をして頂くだけでも、
次回から使用可能な3000円の商品券をプレゼントいたします!
ご興味のある方は以下のURLからお願いします。

https://shop.giubilare.jp:1443/index.php?main_page=login

ご来社頂ける方には、以下に地図を添付致しますのでご参照下さい。

さてさて、もう1か月以上も前のことになってしまいましたが、
7月上旬にタイ王国はバンコクに出張致しまして、
そのレポート日記後編をお伝えしていませんでしたので、
本日は満を持してバンコクレポート後編です。

9)按摩文化

マッサージという自愛を愛して止みません。
甘ったれな性格が故に人に体を触られるのが好きなのか、
自己投資している自分に酔っているのかなんなのか、
とにかく成功した時の夢はマッサージのハシゴです。(小っちゃ

タイと言えばマッサージですから、
出張前から随分楽しみにしていたのですが、
かなり期待値を上げて行ったにも関わらず、
その費用対効果は想像以上。

相場は1時間半~2時間で350バーツ+チップです。
1バーツが220円くらいですから、
2時間やっても1000円しない計算・・・。

タイ式マッサージって結構痛いのかなと思ってました。
タイのおばちゃんに骨折られるくらい勢いでグリングリンやれるイメージでしたが、
実際はストレッチのちょっと強いやつみたいな感じで、
個人的には他のアジア諸国のマッサージよりも効果は抜群。

仕事なかったら部位と人変えて12時間くらいやってましたね。
12時間やっても5000円くらいだし・・・・。w

10)食事事情

今回の出張中に食べたのはタイすき、タイ創作料理
日本の居酒屋、タイイタリアン、タイとんかつ等々。
現地在住の知人や、タイに十数年通う同業者のアテンドあってこそでしたが、
4泊5日の全8食、全て外れなしです。

道端の屋台でも結構美味しそうなものが50バーツとかで売られていましたが、
大変申し訳ないながらもこちらはどうしても食べる勇気が沸きませんでした。
あの炎天下、高湿度の中、食材を冷蔵庫で保管するでもなく、
オーダーが入ってから焼き始めたりしてましたからね・・・。
肉系は絶対傷んでるでしょ・・・。

ごめんなさい。

11)親日感情

タイ人、表向きはかなり親日に感じられました。
そこら中に日本語の表記があり、
マッサージやキャバクラには日本人オンリーの店とかあって、
あらゆる業種の客引きはまず間違いなく日本語が喋れます。

が、あれは本当に心からの親日だったのだろうか、と。
あんなに町中に日本語が溢れていて、
日本に侵略されているような気分にならないのだろうか、と。
そう思わざるを得ないくらいの日本語の氾濫ぶりでした。

相当なお金を日本人が落としていくんでしょうから、
それにすがるしか生きる術がない人がたくさんいて、
そういう人からすれば何とも思わないのかもしれませんけども、
外国の私が、私の国の言語で、現地人にあれだけ媚びられると、
なんかちょっと正常ではない気がして居心地が悪かった瞬間がありました。

12)神社仏閣

初日には現地在住の知人にお願いしてエメラルド寺院に連れて行って貰ったんですが、
意外に建造物が西洋風だったのに驚いたのと、

各門に施されている装飾のモチーフがラブリー過ぎたのと、

敷地内はハーフパンツ禁止ということでズボンを借りるわけですが、
寺院の貸し出しているズボンを履いたら田舎のヤンキーみたいになりました。

お次は寝釈迦。

罰当たりを覚悟で書きますよ!?
書いちゃいますよ!?

でかいだけで作りが荒い!wwww

13)国王崇拝

タイ国民の国王様の崇拝ぶりが凄かったです。
町中いたるところに国王様の看板が掲げてられていて、
王様の悪口言っただけでも逮捕されるとか聞いてたんで、
意外にタイも北みたいな?的疑問も抱いたんですが、
トゥクトゥクの運転手が家族の写真の横に王様の写真を飾ってたり、
屋台の店主が自分側に王様の写真貼ってる自発性をみると、
結構ちゃんと支持されてるようでした。

今の国王様がなくなると、
後を継ぐのが結構痛い王子なんだそうで、
あと数年でタイがなくなるという話も聞きましたが、
同じく跡継ぎの私からすると頑張って頂きたい。w

14)合掌挨拶
サワディーカップって店員さんとか合掌しながら挨拶してきます。
なんかアタリが柔らかくて結構個人的に好きだったんですけども、
だからといってこれはどうだろうか?

15)礼儀作法

公共交通機関での静かさはさながら日本。
電車もバスもかなり静かで秩序もあり、
某隣国とは雲泥の差があったのでかなり好感。

クソ寒い中国の展示会に出張するなら、
クソ暑くても、マッサージがあって、
静かで、大らかなタイの方が100倍良い!

ということで我が社はこれからタイ進出を画策します!ww

今日も1クリックお願いします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です