生後3週間の親父日記

なんだかんだで息子が誕生して3週間が経ちました。
帰宅後に毎日その顔を覗いてみますと、
当然のような顔をしてそこに鎮睡しておられますので、
ずっと前からそこにそうして存在していたような錯覚に陥り、
まだ生後3週間しか経っていないだなんて信じられません。

ところが妻はもう3週間も経っちゃって、
あんなに小さく生まれてきたのにもうこんなに大きくなっちゃって、
なんだかママちょっと悲しいとかいう訳の分からない理論を展開するわけです。

テクニックだけで生き延びられる時代は終わり、
強靭なフィジカルが世界へ出るための第一条件のこの時代に、
息子に小さく育てとは何事でしょうか。
サッカー知らないにもほどがあります。

そんなことでわが子のサッカー選手への道、順調です。(爆

本日も本題。

冒頭でも触れました通り息子が誕生して3週間が経ちました。
慢性的に睡眠不足で突発的に手がウンコまみれな毎日を送っておりますが、
色々なことがあったこの3週間をちょっとまとめてみた次第。

1)至極不憫

未熟児認定ギリギリの2560gで生まれ、
生後3日間は要経過観察だったわが子ですが、
妻の乳腺が炸裂してくれたお陰で当初の予定通りに母子共に退院となりました。

日本では通常、出産後も1週間ほど入院となるそうですが、
そこは医療費完全無料のイタリアですから、なんと3日で帰されます。

妻は無痛分娩に切り替えての出産だったために、
麻酔で感覚がない状態でイキんでおりますから、
詰まるとこと加減が分からずに陰部が破傷、
出産直後に患部を縫合していたりするわけです。

ですから退院が少し伸びることもあるかと推察していたのですが、
残念ながら予定通り、きっちり3日での退院と相成りまして、
前かがみに、時折周囲を気にしつつも手でお股を押さえながら退院する様、至極不憫。

毎年息子の誕生日には妻に合掌することにしました。w

2)大雑把で大味

出産後3日間、朝病院に行って妻と息子の様子を伺って、
病院のドクターの説法を妻に翻訳してから仕事へ向かい、
仕事後にまた病院に行って妻と息子の様子を伺ってから帰宅という生活をしていたので、
妻がどんなものを病院で食べていたのかを知らなかったのですが、
さすがにわたくしの妻ということで、
これはネタになると踏んで写真に収めていた模様。

彩りとか、繊細さとか・・・。www

3)遺伝子

毎日湯船に入らないと眠れない彼の父の私。
そんな遺伝子の関係というよりは腕力の関係で風呂は私の仕事に即決。
で、湯船に入れた時の息子の緩んだ顔が最強。

4)遺伝子2

デフォルトの表情がしかめっ面ってどうよ!?

5)最後の皇帝

あり難いことに出産直後からお祝いを頂き続けている我が家。
先日は某有名ブランドの子供用ニット帽なんぞを頂いたわけですが、
まだ早いことを分かりながらも被せてみたところのこちら。

並べちゃうと似てませんかね・・・。

6)犬でついでに

お祝いといえばリボン。

相変わらず。www

7)第一の宴

ヘルプで義母が来てくれなかったら、
薄学な我々夫婦は絶対に開催しなかったであろうイベント、お七夜。
義母のお陰でイタリアでもなんとか形になりました。

名前書くとき緊張し過ぎて手が震えました。(根性なし

8)未知との遭遇

はじめまして。
幾久しく、今後とも宜しくお願い申し上げます。

9)上下関係

息子が我が家にやって来てからというもの、
愛犬2匹の興奮が冷めやらなさ過ぎて関係がおかしくなってきました。

仲悪いじゃなかったの?w

10)お前もか?

日本人が日本人に向けて日本語でブログを書いておりますので、
ともすると忘れがちですがここはイタリアです。
従ってわが子を診察するのはイタリア人医師ということになり、
先日の生後2週間検診ではそのコントラストを激写しようとipadを向けたわけですが、
残念ながら若干日本人っぽい顔の医者でした。orz

11)蹴球ノ神参拝

今日はゆっくりしようと思っていたある日曜日、
午後2時頃に突然電話があり、
有無を言わさずその2時間後に蹴球ノ神がお祝いを持参して来宅。
左足を奉納して触診、のち浄化。

これで将来はレフティーモンスターとして代表で活躍することが決定。www

12)年相応

生後2週間と3日で初めての外食にチャレンジ。
出掛ける準備をしてその様を写真に1枚。

だからその目、やめなさいって!wwww

13)非合理的人体構造

生後2週間と5日目には初めてのパパとのお留守番。
男2人で頑張るぞ、の1枚。

搾乳した35mlの母乳を圧巻の30秒で飲み干したわが子は結局、
頑張って父と共に4時間のお留守番をクリアーしたわけですが、
50mlくらい残していってくれたら6時間は留守番できるとの試算。
この感じで数日嫁のご機嫌を伺えばゴルフに復帰できる日もそう遠くは・・・・。w

父からも母乳が出ればいいのにね。

14)体重増加

2560gで誕生したわが子は3日で240gほど体重が落ちましたが、
その後順調に体重が増加して3週間経った今では2800gほどの体重になりました。
このペースでいくと10歳で80kg越えですからやはり世界を獲れそうです。(謎

そんなこんなで今のところ妻が寝れてない以外が順調です。
慢性寝不足の妻の逆鱗に触れないよう、今後ともサポートに徹する次第。

息子がサッカーデビューしたらお知らせします。w

今日も1クリックお願いします。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

「生後3週間の親父日記」への3件のフィードバック

  1. こんにちは。
    ミラノ イタリア語で検索したらこちらにたどり着きました。
    息子さん、目がぱっちりしていてとてもかわいいですね。
    奥様イタリアでの出産お疲れ様でした。
    私は来年2月頃に主人の転勤でミラノに行くことになりました。生後2ヶ月の娘も一緒に行きます。
    現在、イタリア語に奮闘中です(^-^)/
    またブログに息子さん登場させてくださいね。楽しみに読ませていただきます。

  2. >Kana様

    コメントありがとうございます。
    来年の冬からミラノですか・・・。
    めちゃくちゃ寒いですし、
    石造りなので日本の寒さとちょっと違いますので、
    娘さんの体調管理に気を付けてあげて下さいね~。

    これからもブログのご愛好宜しくお願いします~

  3. うわ~!目が・・・目が・・・すんごくパッチリしてる~~!!!
    お顔立ちがかなり凛々しいですね♪

    数々のお写真の中で、私のお気に入りはパパとの入浴シーン(謎)でしょうか♪
    なんとも微笑ましい!!!
    それにしても思うんですが、無痛分娩でも後のこと考えて、予めバチンと、生まれて出て来る場所を切ってくれないんでしょうかね???
    傷の治りもその方が早いって聞きますし・・・。

    ・・・あ・・・
    ここは後の事なんか考えない国だった(爆)

    これから寒くなって風邪も引きやすくなりますし、睡眠不足で体調崩されぬようお気をつけくださいね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です