イタリア全書類取得マニュアル -Carta di Soggiorno編-

謹賀新年

こんな衣装が1.980円で手に入る母国、やっぱり凄いと思います。

そんなことで本日も本題。

さてさて、イタリア全書類取得マニュアルです。
このシリーズは今回を含めて残すところ2回となりました。
詰まり、私ったら外国人として取得できる書類を全て取得してしまったのです。

で、今回は永久滞在許可証の取得方法を綴ります。
そこそこ長くイタリアにいる外国人が皆一様に欲しいあれです。

皆が一様に欲しいということは詰まり、
法律が変わったり、情報が錯綜していたりということですから、
2013年1月現在の最新情報をここに明記しておきますのでStay tune。

永久滞在許可証はイタリア語でCarta di Soggiorno(カルタ ディ ソジョルノ)ですが、
実際の証明書原本表題はPermesso di Soggiornoのままで、
証明書上の有効期限が【永久】になっているものを便宜上Carta di Soggiornoと呼ぶ模様。

とにかくこのCarta di Soggiornoを取得すると、
以降、基本的には更新の必要がありません。

手引きによると5年おきに写真の変更をしなければならないようですが、
私を担当してくれた警察官曰く、

まぁ5、6年経って、あまりにも老けてたら写真だけ変えにおいでよ。

という、さすがのイタリアざっくりクオリティ。www
なので別に写真の更新を怠ったりしたら許可証失効とかではない模様。

真面目に、5年きっちりで写真の変更手続きをする場合でも、
通常の滞在許可証の更新手続きに必要な給与明細や納税明細、
住民票やパスポートの全ページコピーとかは要らない模様。

じゃあ納税すんのやめよ。

とかにならないですかね!?w
この証明書を取得するのは絶対に外国人なんですから、
母国で所得がある場合だってあるでしょうし、
滞在許可証の申請のためだけにイタリアで納税してた人とかもいると思うんでけどね・・・。

まぁよし。

ともあれ、そんな書類の取得の仕方を以下に記しておく次第。
まず永久滞在許可証の申請条件というのがありまして、
それが、通常の滞在許可証を更新しながらイタリアに5年住んでいることになります。

さらに2010年からイタリア語の試験を受け、
これに合格しないと取得できないという事態になりました。

試験の申し込みはイタリア内務省のHPから。
https://testitaliano.interno.it

まずページ左上のEffettua Registrazioneをクリックして個人情報を入力すると、
登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

再度内務省HPに戻ってログインをして
左上のメニューから「Richiesta moduli」を選択。

1番下のセクションの「Test Italiano」をクリックして、
Compilazione Domandaを記入&送信。

私の場合、10月5日にこの登録をして、
登録したメールアドレスにテストの詳細が届いたのが11月3日。
実際にテストを受けたのが11月28日、合否が分かるのが翌日ですから、
やはり合計で3ヶ月ほど余裕を見てテストを受けるのが良いと思います。
ちなみに先方から受験票がこちら。

この受験票はテスト当日に本人確認にも使用されます。
それ以外には通常のPermessoのみ必要でしたが、
一応パスポートや、Carta di Identitaなんかも持って行った方が良いでしょう。

合否確認も前述のHPで行えるようですが、
翌日の朝にはテスト会場に合格者一覧が張り出されます。

私の回は35名前後が受験して、受かったのが9人でした。
テストはリスニングと筆記で1時間半ほどで終わりましたが、
館内が結構寒かったりするとトイレに行く時間がないような出題構成ですので、
テスト前にはおしっこに行っておくことをお勧めします。
お腹下してるとかは論外です。

内容は生活に根付いているものが多く、
医療系、不動産系、契約系、子育て系あたりだったかと。
いずれにしてもそんなに難しいテストではありません。

HPでの合否確認は、アカウントでログインしてから、
ページ左上の「Domanda」をクリックし、
ページ右側の「Azioni」の下の虫めがねマークをクリック結果が出ます。

ちなみに合格した場合でも証明書等が発行されたり、
メールで送られてくることはありません。
Questuraはその結果をオンラインで確認できるそうで、
実際、申請時には担当官に「テスト受けた?」とか聞かれて、
「ぶっちぎりで合格してます」とか答えると、
「どれどれ」とか行ってPCで確認していました。

テストに関してはそんなもんでしょうか。
実際Carta di Soggiornoを申請する時に、
テストの合格を証明するものが全く手元にないのが不安を煽りますが、
一応システムは確立されている模様です。

申請キッドをみますと、申請時、他に必要な書類として、

Idoneita’ allogiativa(住居適合性監査書)
Certificato delle iscrizioni relative ai procedimenti Penali in corso(無犯罪証明)

の2つも必要とか書かれており、
特にIdoneita’ allogiativaに関しては、
許可証の申請書類(Modulo 1)に書き込みの欄があったりするんですが、
申請前に情報を求めたところ今はもう必要ないと一蹴されてしまいました。

Idoneita’ Allogiativaの申請方法は以前に書いたことがありますので、
万が一ご入用という方がおりましたらこちらから。

というわけで、歯を食い縛りながら血反吐を吐いてイタリアでの5年を消化し、
その時がやって来たら内務省HPページからアカウントを取得。
テストの申し込みをしてテストを受け、合格したらパスポートの全ページコピー、
必要項を記入した申請書類(Modulo1、Modulo2)、
納税証明(CUD)あたりを申請キッドに突っ込んで、
€14.62のMarca da Bollo(収入印紙)と共に郵便局で申請。

Modulo2を記入する際に、
自営であろうと雇用契約であろうと、
所属会社がINPS(社会保険公社)に登記された日と、
所属会社のINPS登録番号が必要になってきます。
これが誰も知らなかったり、調べるのが結構面倒だったりしますのでご注意。

郵便局からの申請後、2週間前後でQuestura(警察)とのアポイントが取れますので、
証明写真4枚を持参して毅然とした態度でQuesturaに戦いを挑んで下さい。w

家族がいらっしゃる方で、Residenza(住民票)を取ってらっしゃる方は、
念のためQuesturaにStato di Famigliaを持参した方が良いかと。

Stato di Famigliaは最近、市役所が自己証明を推奨していますので、
以下の用紙に必要項記入で事が足ります。

ということで紆余曲折、色々な経験をして、色々な苦渋を舐め、苦労してきてのこれ。

以上2013年1月30日現在の情報。
Carta di Soggiorno取得希望の皆様におかれましては願わくば御武運を。

Giubilare Milano物語の再開まで暫しお待ちをの1クリックを。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

「イタリア全書類取得マニュアル -Carta di Soggiorno編-」への11件のフィードバック

  1. 初めまして。いつも楽しく拝見させていただいてます(^ ^)
    ひとつ質問なのですが、このテストはイタリア人と結婚した場合も受けなければ
    いけないのでしょうか・・・。もしご存知でしたら教えていただきたく。
    お忙しいところすみません、よろしくお願いします

  2. >Yuka様

    初コメントありがとうございます。
    実はイタリア人と結婚されている方が、
    テストを受けるべきなのか否かははっきり分かりません。
    イタリア人と結婚している弊社スタッフは、
    申請前にはテストを受けなくて良いと言われたにも関わらず、
    審査の段階になってテストを受けていない点を指摘されたそうです。
    イタリア人と結婚していて、
    事前に情報を求めた際にはテスト不要と言われたと、
    引き下がらずに何度も説明したところ、
    結局それでテスト不要ながら審査に通ったそうで・・・。

    弊社スタッフが申請をしたのはテストシステムが出来たばかりでしたので、
    その後どういう状況になったのかが分かりません。
    お役に立てませんで・・・。

  3. そうでしたか・・・さすがはイタリア、「THE☆いいかげん」ですね。
    はーなんか一気に憂鬱になってきました。現時点でイタリア語もまだまだな状況なので余計に。テストなんてあったら間違いなく落ちるだろうと。その時はその時ですかね(´∀`;)
    お忙しい中ご返信ありがとうございました!

  4. いつもブログを楽しく拝見させて頂いてます。
    お子さん、可愛いですね!
    ところで、すみません、3か月も前のことですが、教えて下さい。
    ちょっとだけ焦ってます。
    イタリア語のテストの予約するサイトから個人情報を入力するにあたって、Assicurataの番号を入力せよと出てきますが、まずはKITを郵便局から送付してからイタリア語のテストを受ける申請をするのでしょうか?
    それともイタリア語のテストの合格通知を待って、KITの申請をするのでしょうか?
    Assicurataの番号は過去に取得したペルメッソの時の番号を入力するのでしょうか?
    混乱して分からなくなっています。
    もし、ご迷惑でなければ教えて頂けますでしょうか?
    宜しくお願いします。

  5. >choppy様

    内務省HPからテストの申請をされていますよね?
    Assicurataの番号を入力した記憶がないのですが・・・。

    何ページ目ですか?
    入力は強制ですか?

    イタリアの各種書類手続きに関しては、
    強制でないなら空欄のまま提出しても良いことが結構ありますが・・・。

    いずれにしてもKITの郵送前にテストを受けた方が良いと思います。
    私の場合はScadenzaが2013年2月でしたが、
    テストの申請をしたのが10月、
    実際にテストを受けたのが11月で、
    申請を12月に済ませてしまいました。

    Convocazioneの際にはテストをパスしていなければなりませんので、
    まずはテストを受けて、パスしたら郵便局から申請、というのが最良かと。

    ペルメッソの申請はScadenzaの半年前から可能ですので、
    できるだけ前にテストを受けることをお勧めします。

  6. お返事ありがとうございます。
    空白で通そうとしたら、Numeroを入れないと送信できないとエラーが。
    因みにscadenzaまで2ヶ月半しかないですので、今回は逆算していくと、日数的に無理ですね。
    またいつものrinuovareで、その後、再度、申請しようと思います。
    ありがとうございました。
    仕事でミラノに行く際は、お店覗かして頂きます。

  7. はじめまして。Carta di soggiornoをキーワードに検索していたところ、このHPに辿り着きました。詳しい情報、本当にありがとうございます。
    そこで、大変恐縮なのですが、一つ質問させていただきたいと思います。
    私も来年でpermesso di lavoro取得から5年が経過するのですが、毎年Permessoの更新をすると、scadenzaの日にちが微妙に違います。
    2009年に取得したので5年を満期することは確実なのですが、厳密に365日x5年なのかと言われると、私も分からない状況です。
    そういう細かいことは指摘されず、とにかく6年目の更新の際に切り替え手続をすればよい、と解釈してよろしいのでしょうか?
    店長様のお分かりなる範囲で構いませんので、お答えいただけると助かります。

  8. >Eri様

    初コメントありがとうございます。
    すみません、正直そこはまったく盲点で分かりません。

    私の場合は前回既に5年が経過していたものの、
    テストをどう受けるのかが分からなかったものですが、
    面倒になって通常のPermessoの更新をしてしまいました。

    ですから今回は存分に5年を超過していましたので、
    まったくそんなことを考えずに申請した次第です。

    お役にたてませんで・・・。

    個人的には365×5年を経過してないとダメな気はしますが・・・。

  9. 店長さま
    お返事ありがとうございます。
    確かに、来年は通常の更新をして、その後切り替え申請をすれば問題ないのでしょうが、あと2回この煩わしさをやるよりはできたら1回に、店長様も言う”歯を食い縛りながら血反吐を吐く”日々を一日でも早く終えたく(苦笑)、質問させていただいた次第です。
    私の方でもこれからいろいろ調べていくつもりですので、詳しい情報が分かりましたらフィードバックさせていただきますね。
    本当にありがとうございました。

  10. こんにちは。Carta soggiorno の検索でたどり着き、拝見させて頂きました。
    在住15年にもなろうかというのに、2年ごと更新のpermessoで生活する日本人一家です。
    最近更新料も値上がりしたことだし次こそはcartaを、と思ったんですが、イタリア語テストなんてものがあるんですね!
    いくつかお聞きしたいのですが・・
    妻はfamiliareで取得してありますが(夫婦共に正社員の仕事アリ)、テストを受けないといけないのでしょうか?かつて国立のuniversità per stranieri に1年通い何かしらのディプロマがあるのですが、これでは免除にならないですかね?

    ご存知でしたらお手数ですがお返事頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です