おれの夏 2013 pt.1

イタリア経済が死んでいます。
故に私も瀕死です。

イタリアなんかに振り回される人生。

素直にチクショウ(ノД`)

そんなことで本日も本題。

思うところありまして2ヵ月間お休みさせて頂きました。
僭越ながら今日から再開させて頂きますので、
勝手ながらまたご愛好のほど。

さて、7月、8月はなかなかの苦行を強いられた2ヵ月でした。
ということで腹癒せにブログのネタにしてやる次第です。

予てより書き綴っておりますGiubilare Milanoのバッグに関してですが、
デザインの章に突入しようかという段階に達しております。
いよいよ佳境ですので勇んで後回しにします。w

そんなことで本当に本題。

1)鳩の血から実弾発砲までの軌跡

7月初旬のこと

昨年に引き続き、ルビーとサファイアを仕入れるべくバンコクへ出張して参りました。
世の中全ての赤色がルビーに見えるほどのルビーを査定したあと、
同じくらいの量のサファイアを査定するわけですから、
脳内にバイオレンスが満ち溢れた末になんと実弾を発砲してしまいました。(謎

Ruby

Sapphire

というわけで、出張中の空時間を利用して実弾発射ツアーに参加してみました。
民間企業とタイ警察のコラボツアーなんだそうで、
我々の横ではタイの警察がガチの射撃訓練をしていたりするわけです。

gun

タイ警察や特殊部隊の本物のバッジとかも購入可能という、
もはや世の中の何を信じれば良いのかが分からなくなるツアーでした。w

guns

私が実弾をぶっ放してる写真、背後に腹の出た年配のタイ人が写っていますが、
この人が現役の警察官で、私の指導官です。w
現役の警察官に発砲の指導をされた私はテロリストにでも転職するんですか?ww

ちなみに表題の『鳩の血』に関してですが、
最もルビーらしい赤色のことを『Pigion Blood(=鳩の血)』と言い、
鑑別協会からのPgion Blood鑑定が付くルビーは途端に価格が高騰します。
このPigion Blood鑑定が付くルビーを求めてわざわざタイまで出張しているわけですが、
いずれにしても表題が物騒ですいません。w

2)ワサビとガサ入れ

ここは日本かと見紛うほどに日本化しているバンコクでは、
居酒屋で気軽にロシアンルーレットが楽しめます。

wasabi

平均年齢35歳オーバーのおっさん4人でやっても大盛り上がりでした。
ちなみにワサビ特盛のカッパ軍艦を引き当てたのは私です。
さすが4代目社長、引きが違う!とか言ってる場合じゃないのですよ。
鼻腔が痛い!を通り超えて、鼻毛がハゲそうなほどの激痛。w

そんな日本化が甚だしいバンコクには近代的な百貨店も数多存在するわけですが、
ある日の昼食で訪れた百貨店では、所謂コピー品のガサ入れの真っ最中。

copy

このガサ入れの陣頭指揮を執っていた女性刑事があまりに恰好良かったので、
『ぴ、ぴくちゃー おーけー?』
などと突拍子もないことを言い出す弊社本社の社員35歳、二児の父。
いくらなんでも怒られるだろうと思った刹那、まさかのOK、そしてまさかの笑顔。

Cop

この王国、ええ国やなぁ~。
道路交通法とかもあってないようなもんなんやろうなぁ~。

たぃ

3)たこ殴りベンツ

バンコク出張からミラノに戻った翌週末には、
ミラノで所属するサッカーチームのメンバーと共にシュツットガルトに遠征し、
欧州在住日本人による欧州在住日本人のための欧州在住日本人蹴球大会に参加。

噛まずに言えたら3000点。

毎年この大会に参加している我々は、
悲願の初優勝を果たすべく数か月前からモチベーションを上げていったのに、
合計5試合での総得点は僅かに1点、順位は過去最低の16チーム中11位T。

この試合の1:02あたりで盛大にゴールを外しているのが私です。
5試合通して、唯一のチャンスらしいチャンスを盛大に外してしまいました。

あまりのショックに打ち上げで食べた名産のソーセージにも感動を受けられず、
翌日に出向いたベンツミュージアムの記憶もおぼろげです。
そもそも私がソーセージにも車にもあまり興味がないことには触れないで下さい。

写真

4)本日より思うところありまして

弊社日本人社員から有給と夏季休暇を利用して帰国したいとの打診を快諾しましたので、
ではイタリア人社員のあなたも有給休暇を消化して下さいということで、
夏季休暇に突入する前の丸2週間を私一人でしのぐこととなりました。

もちろん、取引先や弊社本社と電話で喋る機会はありましたし、
家に帰れば家族とは通常通り会話を交わすわけですが、
日中、お客様が入店されない限りは殆ど口を開かないわけです。

バカンス前のこの時期は平時よりも来店者数が格段に落ちますから、
弁当を持参した月曜あたりはもう地蔵様です。

三十路を超えた社会人男子が日中殆ど口を開かないとなると、
やはり人生を深く掘り下げて考えたり、先を案じたりするわけです。

禁煙することにしました。w

今回はちょっと本気です。
理由を羅列してしまうと大変なことになりますので割愛致しますが、
弊社が夏季休暇に突入する8月4日(日)からの禁煙と、
当面は距離とスピードを問わないランニングを自分に課すこととしました。

人生を、変えてみせます、ほととぎす。(謎

私の禁煙が続くことを願って今日の1クリックを。

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

「おれの夏 2013 pt.1」への1件のフィードバック

  1. “バカンス前のこの時期は平時よりも来店者数が格段に落ちますから、
    弁当を持参した月曜あたりはもう地蔵様です。”

    すみません。大爆笑してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です